KITAMULABO

1日では足りない!直島~豊島 瀬戸内国際芸術祭レポート

/ 19.08.06
建築

7月28日 建築士会広島支部青年部会のイベントで、瀬戸内国際芸術祭を開催中の直島まで行ってま来たのでフォトレポートです。

公共工事のあり方を考える、叡智学園見学会レポート

実は前の日はこちらの見学会に行ってきたので岡山泊の途中参加です。
朝一で宇野港から直島の宮浦港へ渡りました。

フェリーはこんな感じ

直島

横断幕の宮浦港からスタート。集合までぶらぶら歩いて周ります。

フェリーターミナルはSANAAの設計。
薄くてフラットな屋根とそれが浮いているかのような細い柱が非常にきれい。

埠頭の先には草間彌生の赤カボチャ

港の反対側に直島パヴィリオン

30分程歩いて島の反対側まで歩くと三分一さんの直島ホール

安藤ミュージアム

こういったノスタルジックな路地裏に

こんな壁面アートがあったり

こっちはかき氷屋さんかな?

本村港までやってきました。このモコモコもSANAAの設計。
雲のようなイメージで作ったFRPの塊は、思った以上に黄緑であまりきれいではないかも。
でも自由に整形できて色や透過度もコントロールできる樹脂は今後建築でももっと増えていくでしょうね。

内部は木フレームの格子との対比が面白い。
ここから高速艇で豊島へ向かいます。

豊島

豊島上陸。
ここで他の参加者と合流してレンタサイクルで島を西へ向かいます。

きれいな海岸は島の東端。奥に見えるのは小豆島。

「心臓音のアーカイブ」色んな人の心臓の鼓動を体感できる。(音を聞くだけではない)

「勝者はいない」

海から山側に向かってなだらかに段々畑が広がります。

中腹に見えるのが今回のメインの目的地、豊島美術館。西沢立衛の設計。

暑い中、結構並んで待ちます。

ぐる~っと回って入口へ向かいます。

奥の穴の空いたのがメインの建物(?)
手前がミュージアムショップ兼レストランになっています。

中は撮影禁止でした。
思った以上に広い空間で、風と光を感じながら静かで穏やかな時間を過ごすことが出来ます。

このためだけにわざわざ来てもいいかも。かなりおすすめ。

かわってこちらは島キッチン。島の食材を使った料理が食べられるレストラン。

ながらかな庇は小さな木の板を針金で単管に結んでるだけで出来ている。

いい感じの路地

湧き水に癒やされる

「コロガル公園」

「ウミトタ」古民家リフォームのホテル。
本業で普通に勉強になるいい感じの作り。外壁のつぶつぶは貝殻(裏)が埋め込んであります。

「いちご屋」で休憩。 島で採れたいちごを使った 冷たいデザートが食べられます。
写真のかき氷は「いちご大福ミルクかき氷ビッグサイズのソフトクリーム+」で約1200円

「豊島横尾館」は横尾忠則のミュージアム。
古民家が真っ赤に染まり不思議な空間と展示が広がる。(書いてても意味わからんけどホント)

「針工場」今季からの新作は昔の針工場に古い舟形を逆さに置いたもの。
なんとなくかっこいい。

横の建物にはその舟形の界壁だけ抜き取ったものを展示。
こういうの好き。

並んでこんな感じ。
こっからフェリー乗り場に戻って終了。
暑さにやられてこのあとは写真を撮る気力もなかったみたい。

まとめ

島のあちこちでアートに触れられる非常に面白い体験でした。
見るところはいっぱいあるので直島と豊島はそれぞれ1日ずつかけてじっくり楽しみたいところです。一番のおすすめはやはり豊島美術館。まだの人は是非行ってみて!暑いけど。

KITAMULABO建築 / 19.08.06 /