KITAMULABO

本気で自作PCを作ってみた2020④設計編

/ 20.03.27
DIY

前回最後の1枚で急に詳細になったこちらのモデル。制作に入る前に細かい設計の仕様を解説します。

金物関係

同時に2次元CADでこういう姿図も起こしました。一番重要なのはアクリル板を隙間をあけながらどのように留めていくかです。側面図の外周部にある8点で軸を通していきます。

今回は細かい寸法が指定できるミスミでパーツを探してみました。気分は完全に機械設計です。質感の統一からすべて材質はステンレスとしています。

上:両端に目ネジが切ってある回転軸と、下:段付きボルトを組み合わせます。回転軸は軸径5mmとし、M3のねじを両端に切ってもらいます。ちょっと細いような気もしましたが、パイプと違って中身が詰まっているので、強度は問題ないかと思います。

段のねじ部分がM3ネジで、段になってるところを軸と同じ5φとしています。表に出てくるネジは基本的に十字やマイナス頭ではなく、六角穴をチョイスしました。理由は何となくそっちの方がかっこいいからです。作業的には別に6角レンチが必要になるので面倒だと思います。低頭タイプと極低頭タイプがありますが、今回は極低頭タイプとしました。今回のサイズでは極低頭タイプの頭の厚みが1.5mmとなっていましたが、さらにアクリル板を座繰りしてこの頭を埋め込むように考えています。下記の沈めフライスも併せて購入しました。

パネル間2mmの隙間は特寸のステンレススペーサーを使用します。内径は上の軸が通るようにM5用、外径は8mmとしました。実は上の段付きボルトの頭の径も8mmなので組み合わせると8mmφの金属棒が通ってるような仕上がりになるかと狙っています。

マザーボードをパネルに固定するスペーサーもミスミで注文しました。よくPCショップで売られているスペーサーは真鍮製でH寸法が6.5mmとなっていますが、少しでも寸法を詰めるため5mmのものを注文しました。こちらももちろんステンレス製をチョイス。

最後にこれは金物でもミスミでもないですが、これはゴム溝。これのちょうどいいサイズのものをパネルの下部の一部にはめてゴム足の代わりとします。

PCパーツ関係

最初のパーツ構成では触れなかった、というか設計しながら選定した細かいパーツ類です。

Ulincos U16A1

電源スイッチはこういう丸型の押しボタンを用意しました。ステンレスで無駄に防水性。丸穴をあけてアクリル板に挟み込むだけなので加工も簡単です。ちなみに、PCの電源は押してる間だけ電源が通る「モーメンタリ」というタイプになります。

オーディオファン 電源スイッチ

マザーボード側に刺すコネクタが必要なので、テスト用の簡易スイッチを流用して加工します。

今回フロントパネル周りのスイッチは電源のみとしました。リセットスイッチってあまり使わないし、電源のLEDやHDDアクセスランプも、画面を見ればわかるので前々から無駄だなぁと感じていました。極力シンプルなデザインに。

Rytaki アルミニウム製 iMac専用USB 3.0 ハブ

とは言ってもUSB端子とかは最低限必要なわけです。ということでこんなUSBハブを探しました。iMacのディスプレイの下に取り付けられるやつですが、もちろんWindowsでも使用できますし、取り付け用の爪でうまいことアクリル板の隙間に挟み込めそうな感じです。最近はカメラも頻繁に使用するようになったので、SDカードリーダーが付いてるタイプにしました。

変換名人 MB-USB3

そしてUSBハブをこんなアダプターを介して、マザーボード上のUSB3.0内部コネクタに最短で接続します。

 Intel AX200NGW

他、今回選んだMicroATXマザーボードには無線LANが付いていませんでした。つなげられるなら出来れば有線LANがいいですが、無線もあるに越したことはないですよね。無線LANカード用のM.2スロットが空いていたので、追加で購入しました。Wi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応したモデルです。

ANT06-MHF4-240

アンテナはよくマザーボードに付属しているようなタイプではなく、ノートPC用の薄型内蔵タイプとしました。電波の強度は少し心配ですが、外に大きな棒が飛び出てくるよりかはいいんじゃないかと。ここはデザイン優先ですね。

Noctua NF-A14 PWM chromax.black.swap

ついでにこんなものも購入。CPUクーラーはNoctuaのトップフローモデルを使用しますが、付属ファンはNoctuaカラーなので。ヒートシンクの下に隠れるので見えにくいところではありますが、黒で存在感をさらに消そうと思います。

次回からいよいよ制作に取り掛かります。

KITAMULABODIY, コンピュータ / 20.03.27 /