建築士会工作体験イベントの報告 SHOPBOTでデジファブ体験

2020.4.24
イベント案内

2020年2月、建築士会で工作体験イベントを行いましたのでそのレポートです。最新のデジタルファブリケーションに触れようということで、SHOPBOTと合板で建築士っぽいお花見宴会セットを制作しました。場所はこのHPでやたら出てくる、カインズ広島LECT店です。

デジファブとは?

デジタルファブリケーション(以後デジファブ)ってのはコンピューターで設計したデータをそのまま加工機に送れる今時っぽい工作手法で、レーザー加工機や3Dプリンターもこれにあたります。今回は人手が集まりそうなので、少し大きいものが作れることを見込んで、3’x6’(910x1820mm)の合板を自動で切り出すことが出来る「SHOPBOT」という機械を使った工作をしました。

通常の工作やDIYだと、手書きかCADで引いた紙の図面を見て、材料に鉛筆やらでけがいて、手で切り出してヤスリかけてっていう流れが、CAD→自動で材料切り出しとなるので、それはそれは速く正確に物を作ることが出来るようになりました。もちろん、組立や調整、切る以外の加工は必要ですが、一番面倒な加工を自動化できるというのがデジファブのメリットです。

作ったもの

作るのはもうすぐ春ですねってことでお花見用の宴会セットをデザインしました。具体的には以下の4点。

ラフデザインの3Dモデル

※お花見はもちろん中止となりました。

講師紹介

このたび協力いただいたのは、大田設計事務所の大田さんです。

大田設計事務所 大田さん

普段から一般向けに、このカインズ工房で、SHOPBOTを使ったデジファブのワークショップをされています。今回は人数も多いので、建築士会専用に(通常とは別日に)ワークショップを開いていただくことになりました。大田さんありがとうございました!

趣旨説明とSHOPBOT見学

まずは最初にデジファブってこんな機械があって、こんなことできるんですよ~っていう紹介。

SHOPBOTの仕組み、操作方法、データの作り方等をレクチャーしてもらいました。ちなみに今回制作するもののデータは僕が作っております。

SHOPBOTの設定を見学します

データを入れたら早速切り出し。大きな切削音とともに自動でパーツが切り出されていきます。

どんどん切り出し

組立

SHOPBOTによる切り出しがすんだパーツから組立ていきます。予め、完成図面と模型を作っておいたので、それを見ながらみんなで工作します。

パーツにヤスリをかけたり、模型だと出来るけど実物だと力を合わせないとはまらなかったり、調整も必要でした。

なんだかんだで完成!日曜の午後だけで無事4品作り上げることが出来ました。
お疲れさまでした!

後日

お花見会は中止になりましたが、一旦落ち着いた秋にBBQ会で使用しました。写真は以下から。燻製美味しかったです!

Tag: SHOPBOT , デジファブ , 建築士会
KITAMULABO / NOTE / 建築士会工作体験イベントの報告 SHOPBOTでデジファブ体験

このページにコメントする

サイト全体へのご意見・ご感想はBBSからお願いします

CAPTCHA