KITAMULABO

YouTubeが僕の生活を変えたこと

/ 20.09.15
暮らし

動画共有サービスが一般的になってしばらく経ちます。当初はいろんなサービスがあったと思いますが、気づけばYouTube一強になってしまった印象です。まだ、YouTuberとしてデビューしているわけでもありませんが、完全に受け身の状態でも、ここ5年ほどで気づかない間に変わっていたライフスタイルをまとめてみたいと思います。

音楽をCDで聴かなくなった

まずCDを買おう、レンタルしようということは完全になくなりました。5年ぐらい前までは、まだCDをパソコンに入れて、ライブラリを整理して、スマホと同期して外でも聞く、という作業をしてたように思います。これが完全になくなってしまいました。基本的に好きな音楽はYouTubeで検索してから聞くようにしています。PVも見られるし、音声だけのものでも、そこらへんの大型ショップよりかは遥かにマニアックなものまで検索で上がってきます。理由をまとめると以下のような感じです。

  • 買いに行かなくていい
  • 通販のように受け取りを気にしなくていい
  • ダウンロードようにHDDの空き容量を気にしたり、ファイルの整理をしなくて良い
  • 洋楽が多い、洋楽のほうが多い
  • おすすめ、関連の再生が強い
  • YouTubePremiumならYouTubeMusicもついてくる

特に最後の2つが大きいです。Googleが買収してから明らかにAiが賢くなってきちゃって、ほっとくだけで好きそうな音楽垂れ流してくれるんですよね。おすすめしてくれてお気に入りになったアーティストもたくさん。そして、最近YouTubeMusicというサービスでYouTubeに無い音源も定額で楽しめるようになりました。これで月額1180円。広告もなし。おすすめです。

最後に買ったCDってなんだったんだろう?って思ったらマーク・ロンソンのアルバムだった(なぜ?w)。2017年11月購入。

TVが要らなくなった

TVって一方通行なメディアなわけで、自分が欲する情報ってほとんど無いですよね。時間も無駄に消費される。ってことに気がついて、引っ越しの際に古いのを処分して、NHK受信料も一旦解約したら、自分の時間が増えて生活が豊かになりました。どうしても知っとく必要がある重要なニュースはYouTubeの上の方に出てくるやつだけでOKです。あとは自分の趣味系のものだけで娯楽としましょう。

また、建築的な意見としては、今までリビングのプランをするのにどうしてもTVの配置を中心に考えていました。年々どんどんでかくなる四角い塊は、つけてないうちはただの黒光りする壁です。豊かな生活、豊かな住宅ってこういうのじゃない気がするんですよね。そろそろTVの呪縛から開放されませんか?

海外の情報が近くなった

YouTube最大のメリットはこれだと思うんですよね。海外の情報がシームレスに入ってくること。しかも動画だから、言ってる英語がわかんなくても絵をみて勉強できることが多い。もともとは「ニコニコ動画」の方を主に視聴していた僕ですが、この海外動画に気づいてからYouTubeばかりになりました。

パソコンソフトで日本の解説サイトがあまりないものを勉強しようとした時、YouTubeで検索すると海外の方が解説動画上げてたりってのは結構ありますよ。

本を読むようになった

今年に入って気づいて結構衝撃だったのが、教養系のYouTube動画。とくに本のまとめ動画が秀逸で超役に立ちます。本って読み慣れてないとどうしても読むの遅くて時間かかるし、文字ばかりだから飽きちゃうし、だからあんまり内容も頭に残らない。(社会人として失格w)それが数10分でイラストも交えて面白くまとめてくれます。単なる要約でなく、音声・ビジュアルも追加されてるから、めちゃくちゃ効率的に頭に残ります。しかも無料&大量。逆にこういう動画を見て買った本もあるので、読書量は圧倒的に増えているという不思議な状態です。

とりあえず、自分をアップグレードしたいならおすすめの活用法です。おすすめチャンネル・動画はまた別の記事でまとめてみます。

まとめ

WEBサービスによって気づかないうちにも刻々とライフスタイルは変化していってますね。10年後の生活はどうなっているのか誰も予想はできません。いつまでついていけるのかわかりませんが、苦でないうちは変化を楽しんでいきたいと思います。

みなさんも面白い変化がありましたら、ぜひコメントをお願いします。

KITAMULABO暮らし / 20.09.15 /