広角レンズの焦点距離比較

2021.2.4

建築を撮るための広角レンズを買い替えたので、焦点距離が変わるとどんな感じになるのか比較してみました。対象物は広島平和記念資料館。(丹下健三のインターナショナル・スタイルは広角の撮影テストにぴったり。)カメラはSONYのAPS-Cセンサーカメラ、α6400です。

撮影結果

焦点距離は35mm換算値です。(APS-Cなので1.5倍)
建築撮るには24mmじゃ狭いイメージですね。
APS-Cセンサーだと13.5mmが現状最広角のようですが、これでちょうど視界いっぱいの感覚です。

レンズ比較

実際に使用したレンズです。上の画像の番号が対応しています。それぞれのレンズの大まかな使用は下記。

SONY SEL1018 ①

SONY SEL16F28 ②③

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D ④

何を買い替えた?

ってことなんですが、2年ぐらい使ってたSONY SEL1018LAOWA 9mm F2.8 ZERO-Dに変えました。前者は便利なズームレンズでオートフォーカスも優秀なんですが、画質がそんなにいいわけでもなく、振り切れた超広角でもないのでちょっと飽きちゃったなとマニュアルの最広角にしました。中国製と侮るなかれ、13.5mmの超広角でゼロディストーションは気持ちいい!まさに建築向き。F2.8なので暗くても行けるんじゃないかと期待してます。SONY SEL16F28はついでのお遊びようですが、ジンバルでも行けるかもと目論んでいます。

レンズ交換式のカメラ、楽しいですよ!

Tag: α6400 , カメラ
KITAMULABO / NOTE / 広角レンズの焦点距離比較

このページにコメントする

サイト全体へのご意見・ご感想はBBSからお願いします

CAPTCHA