KITAMULABO

あたらしいCADを考える

463 views
約6分

前回BIMの不満をタラタラと並べてみましたが、では代わりなるものはどういったシステムが良いのか?ちまちま考えていたものをまとめてみました。キーワードとしてはこんな感じ。

  1. 設計業務を超えた建築生産一貫システム
  2. モデルファーストではなくデータファースト
  3. クラウドベース・完全なペーパーレス
  4. 部屋・空間単位で建築を定義する

一つずつ解説していきます。

設計業務を超えた建築生産一貫システム

CADにしろBIMにしろ、原則は”設計”ソフトです。BIMは設計から生産・維持管理までワンモデルで情報を集約できる、とありますが、標準の機能は完全に設計向けで、それ以降の作業は何らかの拡張機能を足すなり、別の専門ソフトに引き継ぐ必要があります。もちろんそれぞれの段階で必要な情報は違いますし、3Dモデル丸ごとはデータが大きく、またそもそもソフト代が高価なので、広くそのデータを扱うこと自体が難しいといえます。後付で拡張したり(拡張性の自由性は必要ですが)、無理やり設計システムに合わせるというのではなく、そもそも一貫して利用できるような設計思想(CAD自体の)のシステムが必要です。

そんなの設計だけでもてんやわんやなのに、他の業務のことなんて考えてたらシステムなんて出来ないぞ

という声も聞こえてきそうですが、この日本において、建築を生産する過程においてみんながやってる仕事、業務の流れ、必要な作業って結局はあんまり変わらないんじゃないかと思います。共通化出来るところは共通化し、自動化出来るところは自動化し。大手スーパーゼネコンさんが社内で整備してるようなシステムを、地方の小さな工務店や個人設計事務所まで、垣根を超えて使える用になれば最高です。

モデルファーストではなくデータファースト

BIMは3Dモデルに建築情報が付与されているので画面内で仮想の建築を建てるようなもの、という言い方がよくされますが、基本的にモデルを作ってそこに属性情報を付加するという流れです。つまりモデルがないと情報が付加できないのです。(テクニックはありますが)もちろん、設計時、施工時にはモデル・形・寸法は必要なのですが、実はそこから得られるデータ、積算でいうと数量データなどの方が重要だと思っていまして、ということはモデルがなくてもデータを入出力できるような、純粋なデータベースの方が汎用・拡張性は高いような気がします。

クラウドベース・完全なペーパーレス

BIM等の本格的なCADはシステムが重く、ローカルに高スペックのPCを用意しないといけません。これを解消するにはクラウドをベースとしたシステムとし、場合によってはいつでもどこからでもブラウザからアクセスできるような形が理想的です。3Dモデリングのソフトでそんなことは可能なのかというと、オンラインゲームはかなり前からそのようになっているわけですし、最近ではSketchUpやAutodeskのFormitもブラウザ上でモデリングが出来るようになっています。あまりにも普通に動くので、何だ出来るじゃないか、という印象。

また、データをクラウドベースにするということは、モデル共有やプロジェクト管理が簡潔になり、タブレット、スマホにも対応することで完全なペーパーレスが可能になります。完全なペーパーレスとは、設計の打合せで印刷しないから便利、というレベルではなく、確認申請の完全なペーパーレス化、工事の契約も電子契約で出来る、現場の管理(設計の監理も含めて)、施工図もタブレットで運用できる。ということであり、更にいうと”紙の大きさを想定したレイアウト”というデザイン作業そのものが必要なくなってくるわけです。設計事務所から大判プリンターが、現場の作業所からコピー機が消える、ということになれば最高です。

部屋・空間単位で建築を定義する

データを定義する際にBIMの特徴としてよく言われるのが、製図CADで扱っていたデータは単なる線の集合に過ぎなかったものが、BIMは柱や壁など建築部材でデータを扱っているといいます。表示されている線はその部材データから自動的に書き出された物ということになります。このように新しいソフトになるに連れて、一つの情報は多いけどまとまったモデルで扱うという流れになってきています。ということは柱や壁のような部材データから、もっと単純に建築を定義できるものは何か?もう一つ次元を上げるのはどういうデータになるのか?と考えた時、それは空間だと思いました。簡単にいうと部屋です。我々が建築で作ってるものは柱や壁などの部材ですが、本来必要とされているのはそれらの部材で囲まれ、切り取られた空間そのもののはずです。なので空間、つまり部屋で考えることがよりシンプルに建築を定義することだと思います。

  1. 部屋というブロックを並べて積み上げてプランをする。
  2. 部屋の用途はこれ、名前・仕上げはこれ。存在する家具はこれ。
  3. 部屋と部屋の間には間仕切り壁が存在する。
  4. 部屋の境界がどこにも接していない場合それは外壁である。
  5. 部屋と部屋の間にはそれらをつなぐ建具が存在する。
  6. 高さ方向、部屋と部屋の境界には床、天井が存在する。

こう考えていくと、ブロックプランだけでそこからは自動的に図面化出来るような気がします。 意匠設計と並行して簡略的な構造設計は自動化、もしくは早期に分離することも可能です。 また最低限必要なのは部屋の通り芯の座標データだけなので、データ量も少なくて済みます。他にも部屋単位のデータベースとすることで、この用途の建築に必要な部屋の種類とその仕様のセット、というデータが蓄積され共有できるので、経験のない建物を初めて設計する時に必要なものとそのノウハウを簡単に得られることが出来ます。もちろんそれに伴う申請作業の体系化、施工のポイント、現場監理・監理のポイントも同じようにセットにして共通化することが可能です。

どうやったら実現可能か?

ということでこんなのあったら良いよね、という妄想を並べてみたのですが、これをどうやったらシステム化出来るのかが問題です。

モデリングも、WEBも、クラウドも必要になってくるのでかなり大掛かりな開発になることは間違いないのですが、とりあえずは、モデリングとデータベースを分けられないか?というところです。データベースの構造を考えたり、共通仕様の整理、必要な書類への変換等はEXCELベースでも考えられますし、そこからWEBデータベースへも以降は難しくないでしょう。モデリングは、フリーでWEBベースのCADがあればそれのプラグインから開発をはじめて・・・ということも可能かもしれませんが、そもそもCADでなくてもいいのなら、CGソフトのBlenderやゲームエンジンのUnrealEngine等、使えてるものはいくらでもありそうです。速度面・技術面から言ってもゲーム業界の資産を使うという手はありなんじゃないかなと思います。

まとめ

BIMというシステムを前にして、これを導入すべきか否か、そのメリットデメリットは?とか使いこなすにはどうすればいいか、このシステムにどう対応していくか、というこれらの議論は尽きないわけですが、いやこういうシステムのほうがいい、俺のほうがいいCAD作れる、って話って中々聞かないんですよね。

日本人がバカ真面目だからなのか、手段が目的化しているというか。

BIMも長くなってきてそろそろ飽きてきたので、ボチボチあたらしいことはじめてみませんか?

Leave A Reply

*

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
あたらしいCADを考える
このページのシェアはこちらのQRコードで!