KITAMULABO

教育版でお得に使えるソフトまとめ

2019.4.19

大学生になりましたので教育版があるお得なソフトをご紹介。
気になるソフトはタイトルから製品ページにジャンプします。
価格は全て税抜きです。

事務系

Microsoft Office 365
一通りのアプリケーションが使用できる「Office 365 Solo」
  月間サブスクリプション¥983 → 無料
※ただしオンラインアプリのみなのであまり使えないかも Accessとかもなし
デスクトップアプリが格安で使用できるプランは教育機関からの申込のみ受付

グラフィック系

Adobe Creative Cloud(コンプリート版)
Adobeの製品が全て使い放題なCC
  月間サブスクリプション¥5,680 → 学生¥1,980
Illustrator単体プランでも通常は 月2,480 なので超お得。
しかも4月のはじめに申し込んだら新生活応援キャンペーンで月¥1,580で契約できました。(1年)
とりあえずPhotoshop、illustrator、AcrobatPro、Lightroomはインストールしてみた。

設計ソフト

Autodesk Revit
年サブスクリプション¥353,000- → 無料
これのために学生になったようなもの。その価値あり。
他AutoCAD、3dxMax、MAYA等、ほとんど全てのAutodesk製品は無料になります。

GRAPHISOFT ArchiCAD22
こちらはスタンドアロン版のみ(フル機能版)¥840,000- → 無料
これならRevitと両方習得できるぞ!

A&A Vectorworks 2019
スタンドアロン版Designer ¥527,000 → ¥20,000
ちょっとかかる。MACユーザーならありがたいかも。

ちなみに下記のソフトは教育版の設定はありませんでした。
福井コンピュータ GLOOBEARCHITREND

3DCG

AppliCraft Rhinoceros 6
スタンドアロン版のみ ¥144,000 → ¥36,000
コンバージョンからGrasshopperが統合されたらしいです。
余裕があったら入れてみたい。

Trimble Sketchup Pro2019J
スタンドアロン版のみ ¥118,000 → ¥11,000
ソリッドツール使うなら入れておきたいPro版

Lumion9 Pro
スタンドアロン版のみ ¥450,000 → 無料
めちゃくちゃキレイなレンダラーでアニメーションも出来ます。
試しに入れてみたけど、SketchUp+Podium ぐらいしか使ったことがない人間にとっては、めちゃくちゃ簡単で速くて吹くレベル。ただし、ハードウェアの性能はそこそこ必要。

まとめ

気になるソフトを確認してみると、だいたいこんな感じです。
建築系のソフトでも、積算ソフトとか構造ソフトとかもっと専門的で実用向けのソフトは、流石に学生版は見当たらなかったです。

学生であることの証明は学生証のスキャンをメールする(専用フォームから)必要があるものもあれば、学生番号と大学のメールアドレスだけで登録できるものもあります。ArchiCADの認証が一番時間がかかったと思いますが、それでも1週間程度です。既に学生の方はせっかくなのでお試しあれ。

また、これだけ色々試せるので、RevitとArchiCADは出来るだけ同時に習得してみようと思います。そっちの基本が終わったら、CGやレンダリング等も派生して手を付けてみたいです。

この記事がよかったら
+1
:
:

Comments

  1. 2020.8.24 11:42 :今井雅俊

    はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
    19.04.17 BIM をほぼ無料で手に入れて本気で勉強する方法を拝見致しました。
    早速、私も実践しようと考えて、念のため放送大学に科目履修生でも利用が可能かどうかを質問したところ、各ソフト会社に問い合わせをと言われました。
    各ソフトメーカーは全く電話がつながらない状態なので、連絡させて頂きました。
    revit,archicad,lumion9 pro及びadobeは放送大学の科目履修生の学生証でインストールできたのでしょうか?
    ご回答よろしくお願い致します。

    • 2020.8.24 15:05 :Kitamura

      放送大学は建築学科があるわけではないので、問い合わせてもナンノコッチャという感じでしょうか。学生証目的だと思われてもデメリットしかないので、あまり電話されないほうが良かったかもしれません。メーカーも同じく、放送大学の場合はイレギュラーだと思うので、直接の連絡を控えてしれっと申請するのがマナーかと。

      僕は1年単位の「選科履修生」にしていますが、「科目履修生」でも同じく通ると思われます。教育ライセンスを通す方法は各社それぞれで、大学のメールアドレスを入力するのが多かったかと思いますが、ArchiCADだけ学生証のスキャンを送ってちょっと日がかかったような気がします。
      基本的にはホームページ上に「教育版の登録・ダウンロードはこちら」みたいなところがあるのでそこから画面の案内通りに進んでいきます。ArchiCAD以外はすぐにダウンロードできたと思いますのでお試しを!

      ただ、ソフトにお金を出さないことを推奨するものではなく、ましてや商用の経費を浮かそうと言っている訳では有りませんので、これ以上詳細なサポートは控えさせて頂きます。基本的に自己責任でお願い致します。

      • 2020.8.24 15:54 :名無しさん

        早速のご返答ありがとうございました。
        参考にさせていただきます。

この記事にコメントする

サイト全体へのご意見・ご感想はBBSからお願いします

CAPTCHA


このページのトップへ戻る