KITAMULABO

どうやってBIMのような大型ソフトを独学で習得するか

/ 19.04.19
建築

BIMのように大型ソフトを習得しようとする場合、まずどうやって勉強しようか悩みどころですね。近くで無料の講習会でもやっていればそれが一番いいんですが、我が地方都市広島ではRevitの講習会はスルー。大阪か福岡まで出向かないといけません。しかもそこそこ講習料とられちゃう。(ArchiCADはちょこちょこ無料の講習会やってくれてる。)とりあえず、自力であがいてみるしかないんですね。とりあえず良いテキストでもないかなと本屋に行ったり、Amazonで検索したりしてもよくわからない。

公式サイトをよく見てみると、無料のトレーニングマニュアルや教材が載ってたりします。まずはそこから手を付けてみましょう。

Revitの場合

下記のページから教材がダウンロードできます。
http://bim-design.com/learning/
意匠設計向けコースが2018年版まで対応しています。
ダウンロードしてみると、400ページ超えのすごいボリュームでした。(会社で印刷しました。ごめんなさい。)
動画もあるようです。非常にわかりやすいですね。

ArchiCADの場合

下記のページにトレーニング情報が載っています。
https://www.graphisoft.co.jp/training/
こっちの方がRevitより親切かも。
書籍の紹介もありますしトレーニングドキュメントも充実しています。
確認申請のテンプレートから木造住宅の実施設計のトレーニングとか、すごく便利そうです。

目指す所、目標?

どこまで勉強するかという目標の設定は難しい所。
僕の場合は積算なので、数量を拾える積算モデルがちゃちゃっと作れるようになりたいとか、単価の入った概算モデルを作れるようにするとか、具体的な目標もあるのですが、それでもこのソフトを「使えるようになった」というレベルが、客観的にみてもそうであるという区切りは何かしらほしい所。一応それぞれメーカーの認定試験があるようです。

Revit Architecture ユーザー資格試験
ArchiCAD オンライン認定試験

ArchiCADの場合はオンラインだけで完結するようです。
Revitは以前の商品名になっているので情報が古いかもしれません。
こういうの合格したら「使えます」って胸を張って言えるのかな?
一応検討しとこうと思います。

KITAMULABO建築 / 19.04.19 /