KITAMULABO

オートテストっていう車イベント

/ 19.05.01
暮らし

4/28(日)TSタカタサーキットにてオートテストという車のイベントがありましたので、参加してきました。

オートテストとは
JAFが主催のイベントで、モータースポーツの普及と運転技術の向上を目指して、パイロン等で作られた簡単なコースで行われるタイムアタックです。基本的には初心者向け。ヘルメットもレーシングスーツも不要でレギュレーションもありませんが、コース中に1回以上のバックギアによる駐車動作が含まれるのが特徴です。僕は今回で2回目の参加になります。

こんな感じのゲート

今回参加は33名。同じ車両を使ったダブルエントリーも可能です。
初心者向けとはいいつつ、レギュレーションがないため色んな車が来ます。早い人は大体5回以上の経験者、もしくはジムカーナの経験者です。

参加車両の一部
の中でうちの車両

今回出かける前に洗車しました。
先月の車検の時にホイールとタイヤを変えたので(インチダウン&幅狭タイヤ)どんな走りなのかが試すのが今回の目的。スロットコントローラーも設置しているので出だしは速いはずなんですが、グリップはどうなのかといったところ。

ホイールは先月の時点でボルトがむき出しだったものにセンターキャップを取り付け、ボルトも黒い塗装品に交換しています。また、タイヤのマーキングはシンナーで消し、バランスウエイトは逆に赤のタミヤペイントで塗装しました。

After:今日の状態
Before:先月の状態

最近テールランプも交換しました。
狙ってたデザインのものがちょうどヤフオクで出てたので即決。

パット見純正と変わんないデザイン。

そして今回のコースはこんな感じです。

パイロンタッチ、不停止、ミスコースはペナルティになります。
バック操作中にパイロンが挟まれているのが面倒くさそう。
これをテスト走行と1回目、2回目のトライアルで3回走ります。
最後の走りはこんな感じ。

※音声は入っていません。

これで42秒フラット。遅いですが、全体としては33名中18位。車のグレードを見るとこんなもんじゃないって感じですが、下手くそなのは下手くそなのでもっと速くできるハズといえばハズ。スロットルコントローラーで前より吹けていたような気がするものの、タイヤのグリップ感はよくわかんないですねw ステアリングを回すのでいっぱいいっぱいです。

ちなみに一番速い人。毎回はるばる三河からやってくるロードスターの名物おじさん。31.3秒の動きは目を見張るスムーズさ。

ちなみにオートテストって、サーキットで行われる場合はJAF主催のレースの横で開催されることが多いです。今回はジムカーナの地方戦。表彰式の後余興のイベントで、オートテストのトップの人とジムカーナのトップ選手はどちらが速いのか、軽トラックでオートテストをするというものがありました。ジムカーナはクラスがいくつもあるので、計8人によるトーナメント制だったのですが、優勝したのはなんとオートテスト優勝者の上のおじさん。

車じゃなくて腕なんですねと痛感しました。ごめんなさい。
ちょろっと走るだけじゃなくって、練習会とかあったら参加してみたい感じです。

オートテストは車好きの方にはぜひおすすめのイベント。楽しいですよ!

KITAMULABO暮らし / 19.05.01 /