KITAMULABO

自作の世界一薄い財布 レビュー

/ 19.05.03
DIY

気に入ったデザインの財布が見つからなくて、どうやったら作れるかなと考えていたら世界一薄い財布になったのでとりあえずレビューです。

二つ折り財布

出来たものがこれ。
二つ折り財布です。財布と言っても札入れです。小銭入れ、カード等は入りません。

二つ折りの一万円札を重ねてみる

サイズはW86.5mm×D80.5mm×t3.2mm
1万円札を半分に折った時のサイズが80×76mmなのでほぼほぼぴったりです。

横から見るとその薄さが際立ちます。自分が調べた中では世界一薄い。

厚み3.2mm

開くとこんな感じ。
2枚のマグネットシートに建材の粘着シートを巻いているだけの単純な構造です。マグネットの磁力によりお札を挟みます。ちょっとした発明?w

真ん中の部分は粘着シートの粘着面に黒いマスキングテープを貼っています。

粘着シートを角まできれいに巻き込むのがそこそこ難しいです。

ゴム材のマグネットシートは適度な弾力性があり、革のような扱いやすさがあります。またそこそこ重みがある素材なので安っぽさも薄らぎます。

内側にお札を合わせるとこんな感じ。
一応10枚程度は問題なく挟めます。二つ折りなので実質20枚ですね。
千円札×4枚、5千円札×1枚、1万円札×5枚で¥59,000分です。
僕の普段使いには必要十分な収納力。

長財布

もっとお札を持ち運びたいとき、お札を折りたくないとき、スーツで出かけるときはこちら。
長財布タイプ。

サイズはW170.5mm×D83mm×t3.2mm

開くとこんな感じ。

構造は二つ折りと全く同じです。
お札を折らないので、単純に倍の枚数(20枚)はさめます。

小銭入れ

併せてこんなのも作ってみました。

あまり入らない!
平面寸法は二つ折りとほぼ同じ80.5×80.5mmですが、マチを付けているので厚みは6㎜程度。

まとめ

仕上げの粘着シートは手帳と揃えてます。
こんなことも手作りだからできることですね。

手帳のレビューはこちらから。

今後の課題として、お札の枚数が少ないときに開きにくいという不便さがあります。(なれるとコツがあるんですが)これを解消するために2つ折りを少しずらした方がいいのか、ひっかけを作った方がいいのか。いずれの場合もきれいなデザインが思いつかないので今のところ保留。第二弾ができたらお知らせします。

現物が見たい方は北村くんにお声掛け下さい。
ちなみに耐久性は大事に使って1年持たせたいなといったところ。
売るとしたら1個5000円。手帳と違って売れないほど手間がかかってしょうがないというわけではないです。

KITAMULABODIY / 19.05.03 /