KITAMULABO

BIM

BIMについて、考えたり勉強したことをまとめていきます。

"5件"の投稿があります

Revitのベンチマークを計測してみた

2020.11.25

BIMを導入するのにどれぐらいのパソコンの仕様が必要なのか悩みますよね。XeonがいいのかCoreシリーズで良いのか、グラフィックはQuadroの方がいいのか、等々。国内の情報だとどうもはっきりしないので、自分でRevit用のベンチマークを取って検証してみました。明確な結論はまだですが、方向性は見えたかなという感じです。

Revitのベンチマークソフトは?

ベンチマークソフトっていうのはそのソフトを動かした時のパソコンの性能を数値化するソフトです。調べてみるとこういう物がありました。

https://revitforum.org/showthread.php/35955-RFO-Benchmark-v3-X

海外のRevitのフォーラムより「RFO Benchmark」というものです。

上のリンクからRevitのバージョンに合わせたプログラムがダウンロードできます。ダウンロードしたZipファイルを解凍すると8個のショートカットが含まれています。

「Full_」と書かれた3種類が通常の操作、「Graphics_」と書かれた4種類が表示関係に特化した操作、「Terminate」っていうのはベンチマークを途中で終了させたい時に使用します。どれでも起動してみると、実際にインストールしているRevitが起動し、所定の操作が自動で行われ、内部でその処理にかかった時間が記録されていきます。処理が完了すると結果がテキストデータで保存されます。詳しくは「Readme」をチェック。

実行中・・・

出力結果はこんな感じです(一部省略)

各操作、処理にかかった時間(秒数)が表示されていますので、これらの時間が短かければ短いほど高速で快適に動作していると言えます。

今回は出来るだけ細かく測定したいので「Full_Standard」と「Graphics_Expanded」の2種類を実行します。

測定環境

今回ベンチマークを測定するPC構成です。全くタイプの異なる2種類のCPUと2種類のグラボを用意しました。

構成①ゲーミングPC構成②サーバーPC
マザーボード
チップセット
AMD B550Intel C621
CPURyzen7 3700X
8コア16スレッド
3.6GHz – 4.4GHz
全コアTB 4.0GHz前後
XEON QQ89 Cascade Lake-SP
第2世代 Scalable Processor ES品
24コア48スレッド×2CPU
2.2GHz – 3.7GHz
全コアTB 2.7GHz前後
メモリDDR4-3200(UDIMM)
16GB×4枚=64GB
DDR4-2133(RDIMM)
16GB×16枚=256GB
ストレージ
(Cドライブ)
CFD販売 M.2 SSD 2280
PCI-E Gen.4 x 4 1TB
maxSW 5,000MB/s
maxSR 4,400MB/s
トランセンド M.2 SSD 2280
PCI-E Gen.3 x 4 1TB
maxSW 3,400MB/s
maxSR 1,900MB/s
電源FlexATX 600WSFX-L 800W

構成①は自作PCでよく見られるゲーミング仕様です。グレード的にはミドルハイといったところ。近年勢いのあるAMDのRyzen7(IntelのCore i7と同等)に高速なオーバークロックメモリを組み合わせ、更にAMDのCPUでのみ利用できる高速なSSDを組み合わせています。

半年前に筐体から製作したメインPC 制作紀はこちら

対して構成②は超メニーコア&大容量メモリのサーバー仕様です。XEONのESを2個使用し、普通の自作では絶対に拝めない夢の構成になっています。絶対的な速度は①に劣りますが、膨大なデータを一度に扱うことが出来ます。

今回追加で用意したサーバー仕様マシン

この2台をベースに、グラフィックボードを2種類用意しました。

A:一般的なゲーミング用「GEFORCE RTX 2060 Super

B:CAD・モデリング用「Quadro RTX 4000

値段は3倍以上違いますが、内部的な使用はほぼ同じミドルクラスのグラフィックボードです。(両方ともめずらしいNVIDIAの直売品)正確にはQuadro RTX 4000Geforce RTX 2070と同じですが、2070の後に出た本来下位グレードの強化版であるRTX 2060 superの方が安くて2070と同等性能ということで、そちらを選びました。詳細な仕様は下記参照。

Quadro
RTX 4000
Geforce
RTX 2070
Geforce
RTX 2060 super
アーキテクチャTuringTuringTuring
CUDAコア230423042176
定格クロック非公開14101470
ブーストクロック非公開16201650
VRAM規格8GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6
VRAM帯域幅416GB/s448GB/S448GB/S
TDP160W175W175W
参考価格
2020年11月時点
¥140,000 ~¥50,000 ~ ¥40,000 ~

以上、本体2種類とグラフィックボード2種類、4通りの組み合わせで計測しました。

計測結果

記録された処理時間をEXCELでグラフにまとめてみたものが以下になります。

通常操作の「Full_Standard」。なんとレンダリング以外は全てRyzen環境のほうが高速、またほぼ全ての場合においてQuadroよりもGeforceが高速という結果になりました。

表示関係の「Graphics_Expanded」。こちらもほぼ全てRyzen環境、Geforceの方が高速という結果になりました。

この速度差について注意しておかないといけないのは、Ryzen環境のほうがストレージのSSDが約2倍高速です。(PCIe gen4とgen3の違い)この差も結構効いて来ているのではないかと思いますので、絶対的数値についてはあまり正確な比較にはなっていません。ただ、たしかに言えるのは8C16TのRyzenより、48C96TのXeonが速くなかったという事実です。Quadroも同じ。Geforceより速くないね、という感じです。

なぜコア数・及び合計クロック数が大きいのに高速にならないのか?

続いて、計測時のCPU使用率を表したグラフが下記になります。計測にはHWiNFOという別のソフトでログを取って、同じくEXCELでグラフ化しました。クリックで拡大します。少し見にくいですが、オレンジ線がどこかのスレッドの最大使用率で青線がCPU全体の使用率になります。

通常操作の「Full_Standard」

表示関係の「Graphics_Expanded」

どちらもざっくりですが、Xeonの方がCPU使用率が低く、メニーコアを活かしきれてないことがわかると思います。ということで、この時点での結論はこの4種類の組み合わせならRyzen+Geforceが速く、おすすめであると言えます。

ここで新たな疑問が生まれてくるのが、一体Revitは何コアまで利用するのか?何コアが一番速いのか?ということ。ということで2つ目の検証を行います。

検証2

ではコア数の違う別のRyzenを複数個用意しまして・・・と言っても出来るわけではないので・・・せっかくなのでXEONをベースに検証していきます。

大は小を兼ねる!ということで4コア8スレッドから48コア96スレッドまで、4コアピッチで「Full_Standard」を回してみた結果がこちら。グラボはQuadro固定です。クリックで大きくなります。

※横軸は処理時間を秒数で表したもので、数値が低いほど速い
※各処理で一番速い結果を黄色で塗っています

これを見ると24コア48スレッドまでは順当に高速化しています。レンダリングなら32コア64スレッドが最速ですがそれ以上は速くならないようです。逆に最もマルチな48コア96スレッドはちょっと遅いという結果に。このあたりはコア数の割付の相性やCPU個体の問題もあるかもしれません。28コア56スレッドも何か変です。(怪しい値になった部分は再計測しています)

結論

今回の検証からRevitを動かすパソコンの仕様は「ゲーミングPC」でOKです。グラフィックボードもゲーム用、Geforceの方がおすすめです。

とりあえずこれ買っときゃ間違いないねってCPUはAMD Ryzen 9 5950X

シングルスレッド性能最速にして16コア32スレッド!なのにMini-ITXでも組める!っていう代物。2020年11月下旬段階では発売直後で在庫わずか。

これ以上マルチスレッドになると、代わりに動作周波数が下がっていくし、全てのパーツのグレードとサイズが上がってくるので、どんどんコスパが悪くなっていきます。

一応あえてXeon等のプロフェッショナルグレードを選定するメリットも触れておきますと、Xeonは温度上昇時の制限が低いこと、エラーチェック機能のついたECCメモリが使用できるなど、安定と信頼性が違います。24時間マシンを動かして、いざってときに壊れる確率が少ない、その保険のために選定するという場合もあります。

ただ、同じ速度の一般向けCPUと比べると高価です。CPUだけでなく、マザーボード、メモリも全て高くなりますので、よほど予算に余裕がある場合を除いて、ゲーミングPCをおすすめします。

ちなみに、今回は純粋にRevitの動作のみの検証で、Revitの動作のみを最優先した場合のおすすめ構成になります。使用している他のソフトや業務内容によって、おすすめの構成は変わってきますのでご注意下さい。

国内でRevitのベンチマーク情報は少ないので、これからもあたらしいPCができましたらデータを集めていこうと思います。以上!

この記事がよかったら
:
:

ArchiCADの基本操作を習得する

2019.5.27

ArchiCADの基本操作を勉強するため、ミースのバルセロナ・パビリオンをモデリングしてみました。
バルセロナ・パビリオンの図面は手持ちのものがありましたので、そちらを見て作っています。
PDF図面は下のページからダウンロードできます。

3Dビューの表示はこんな感じ。Revitと違ってArchiCADはパースが付いています。SketchUpとかに慣れている人はこちらのほうがありがたいですね。簡単なウォークスルーもやりやすいです。

平屋建てなので平面図と立面図を1枚に収めてみました。
図面枠はシンプルな1本線ですが、プラン段階はこんなものじゃないでしょうか。

平面図・立面図

PDF図面はこちらからダウンロード。

パース

パースはArchiCADに標準搭載されている、Cinema4Dエンジンでレンダリングしています。
レンダリング速度は遅いです。が、クオリティはそこそこな感じです。

ArchiCADの操作系は少し特殊な感じがします。まだデフォルトの設定で使用しているのと、ショートカットもあまり使用してないので評価する段階ではないかもしれませんが、Revitと比べるとちょっとだけ手がもたつく感じがします。

逆にArchiCADがいいのはグラフィック表示です。デフォルトの3Dビューが非常に綺麗で、よりリアルなイメージを持ちながらプランすることが出来ます。ArchiCADをとりあえずCGソフトとして導入するという事例もあるらしいですが、確かにRevitよりも向いていると思います。また、デフォルトで入ってる家具におしゃれなものが多く、ネットをあさらなくてもそこそこ形になるのがありがたいです。バルセロナチェアもデフォルトで入っています。

次はArchiCADでも独自プランをしてみようと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

Revitの基本操作を習得する

2019.5.27

Revitの基本操作を勉強するために、公式トレーニングテキストの企画プランをやってみました。

公式トレーニングテキストはこちらからダウンロードできます。

この1章だけなら1日あればさらうことが出来ます。
出来たものがこちら。何の変哲もない、昭和の公団住宅のような共同住宅です。
3Dビューの状態。Revitではデフォルトが平行投影になっています。

デフォルトの3Dの表示が少しダサいのがRevitの特徴。
カメラ設定をいじると下のような表示にも出来ます。ただ、動作は重くなります。

BIMなので図面も同時にいじっていきます。以下成果物です。

平均地盤面算定図
平面図
立面図
パース

→PDF図面はこちらからダウンロード。

テキストでは他にも敷地面積の求積図(三斜)を作成しているのですが、Revit2019に対応した日本向けの最新プラグインでは三斜面積の機能がなくなっていて出来なかったです。確認申請では皆さんどうやって対応しているんでしょう。

パースはRevit内臓のレンダリングエンジンなので、速度もクオリティもおまけ程度です。他ソフトかクラウドサービスならもっとマシなのかもしれません。

操作系は非常に合理的にできていてあまりストレスは感じません。
柱や梁は通り芯を選ぶだけで配置してくれたり、壁仕上げに柱を合わしたりという修正もやりやすいです。

テキストでは実施設計と詳細な図面の作成に進みますが、とりあえずここらで放っておいて、簡単なプランをやってみようと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

どうやってBIMのような大型ソフトを独学で習得するか

2019.4.19

BIMのように大型ソフトを習得しようとする場合、まずどうやって勉強しようか悩みどころですね。近くで無料の講習会でもやっていればそれが一番いいんですが、我が地方都市広島ではRevitの講習会はスルー。大阪か福岡まで出向かないといけません。しかもそこそこ講習料とられちゃう。(ArchiCADはちょこちょこ無料の講習会やってくれてる。)とりあえず、自力であがいてみるしかないんですね。とりあえず良いテキストでもないかなと本屋に行ったり、Amazonで検索したりしてもよくわからない。

公式サイトをよく見てみると、無料のトレーニングマニュアルや教材が載ってたりします。まずはそこから手を付けてみましょう。

Revitの場合

下記のページから教材がダウンロードできます。
http://bim-design.com/learning/
意匠設計向けコースが2018年版まで対応しています。
ダウンロードしてみると、400ページ超えのすごいボリュームでした。(会社で印刷しました。ごめんなさい。)
動画もあるようです。非常にわかりやすいですね。

ArchiCADの場合

下記のページにトレーニング情報が載っています。
https://www.graphisoft.co.jp/training/
こっちの方がRevitより親切かも。
書籍の紹介もありますしトレーニングドキュメントも充実しています。
確認申請のテンプレートから木造住宅の実施設計のトレーニングとか、すごく便利そうです。

目指す所、目標?

どこまで勉強するかという目標の設定は難しい所。
僕の場合は積算なので、数量を拾える積算モデルがちゃちゃっと作れるようになりたいとか、単価の入った概算モデルを作れるようにするとか、具体的な目標もあるのですが、それでもこのソフトを「使えるようになった」というレベルが、客観的にみてもそうであるという区切りは何かしらほしい所。一応それぞれメーカーの認定試験があるようです。

Revit Architecture ユーザー資格試験
ArchiCAD オンライン認定試験

ArchiCADの場合はオンラインだけで完結するようです。
Revitは以前の商品名になっているので情報が古いかもしれません。
こういうの合格したら「使えます」って胸を張って言えるのかな?
一応検討しとこうと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

BIMをほぼ無料で手に入れて本気で勉強する方法

2019.4.17

BIMですよ!BIM

未だにBIMってなぁに?っていう人はこちらのページを。
ですがもう“BIM”って“CAD”と同じぐらい常識的な言葉だと思うんですね。

未来の技術ではなく、当たり前に活用されているレベルのものです。スーパーゼネコンではBIMの使用率ほぼ100%らしいです。もう少しすると我が地方都市広島でも、“使えるとちょっと儲けになる”から、“使えない方がおかしい”というレベルになるほど普及してくるでしょう。

手書きの図面からCADでの設計に移行してきた時のように、使えない人はあっという間に仕事ができなくなります。

これからの建築業界で長く仕事をしていくためには絶対に習得しなければいけない技術であり、どこかで導入しなければいけないシステムです。

約8年前に専門学校を卒業したときから、これからはこういうシステムになるんだろうなと思ってはいたものの、結局今まで個人レベルでは全く習得が進みませんでした。その理由は何でしょうか。

習得を阻害するものはその導入コスト

BIMは2大ソフトがあって、1つはAutoCADとか出してるAutodesk社のRevit。
もう一つはGraphisoft社のArchiCAD。
Revitの方が高機能、システマチックでどちらかというとゼネコン向け
ArchiCADはとっつきやすくて設計事務所向け って感じの棲み分けで言われることが多いですが、それぞれのお値段はこんな感じ。

Revi 2019年4月時点でのサブスクリプション価格
ArchiCADはスタンドアロン版のみ

うん、高いよ。一サラリーマンがこれだけのお金用意できるわけないよ。車買うレベルだよ。

といいつつ実はしばらく買っていました。それが下のプラン。

Revit LT版

RevitLTとAutoCADLTのセット。機能制限版だとこれぐらいのお値段。
1年以上1ヶ月¥11,880払い続けていました。

お金払ってたら本腰入れてやるのかと思ったけど、意外とやらないんですよね。
LT版なんでBIMらしい派手な機能とか使えないものがあったりするとモチベーションも上がらない。だめなやつです。

やっぱりちゃんと勉強しようと思うとフル機能版じゃないとダメ。でも高い。無理。
どうしようと悩んでいた所、こんなページに遭遇してしまいました。

教育向けの無償ソフトウェア

そう、教育版です。

教育版の驚くべき価格

先程のページを確認してみると、無償で使用できるソフトウェアの一覧が出てきます。
Revitもしっかり入ってる。というかAutodesk製品全部使えるらしい。

ちなみにArchiCADの方は

こちらも無料でした。
どうやら学生の頃にしっかり触れてもらって、社会人になったら自分のところのソフトを使ってもらおうという営業方針らしいです。

ということは学生であれば両方ただで使用できて、何なら両方のソフトを習得して、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら場合によって使い分けたりも出来るということです。
ナニソレすごい。

どうやったら学生になれるのか?

しかも格安で。BIMと同じぐらい学費がかかっては意味がありません。
また色々調べました。するとこんなのがありました。

れっきとした大学です。名前は聞いたことがあるものの、あまり実態がよくわかっていなかったのですが、 “生涯学習機関として、広く社会人等に大学教育の機会を提供するという趣旨 で設置された大学”らしいです。よく放送系、報道とかマスコミとか向けの人材を育てる教育機関だと思われてる方もおられますが、その授業形態が「放送」というこで、インターネットやラジオを使用した通信制の大学になります。

放送大学の学費

放送大学はしっかり単位を取れば大学卒業資格を取ることも出来ます。が、それにはまとまったお金がかかるみたいで、何よりその勉強時間がかかります。放送大学が面白いのは他にも色々な学生の種類があることです。

とりあえず入ってみるなら「選科履修生」がいいようです。手続きも1年単位になります。最小単位は半年期間の「科目履修生」になりますが、これは面倒そう。

気になる学費は授業料+入学料になります。

選科履修生は1年間で最低2単位取るようにしないといけないようです。
なのでオンライン授業の1科目(2単位)と1年間の入学料をあわせると
¥20,000-が一年間の学費になります。

カリキュラム

全体的には「教養学部」という学部になり、建築に直結する内容の授業はないみたいです。
そのうち情報コースだとこれだけの科目があります。一般教養としては色々科目があるようですが、提出や採点まで全てがオンラインだけで完結する、オンライン授業は絶対数が少ないです。

入学手続き

4月入学と10月入学の年に2回機会があります。
今年の10月入学は6月から願書受付しているようです。
試験はありません。インターネット上から申し込んでお金を振り込めば入学許可証が送られてきます。

まとめ

学生証は最寄りの学習センターに行かないともらえない

ということで入学しました。4月から大学生になりました。呑み会でも一笑い取れます。
払ったのは¥20,000とその振込手数料のみです。
一応勉強がしたくて(BIMの)入っているので間違いではないはずです。
オンライン授業も遊び感覚で一応やってみようと思います。

これでBIMを勉強する環境の準備が整いました。
これから、どのようなソフトに教育版があるのか、この学生証の威力をまとめてみようと思います。

この記事がよかったら
+5
:
:

このページのトップへ戻る