KITAMULABO

ドライブ

"2件"の投稿があります

尾道日帰りドライブ 建築ラリー

2019.5.6

5/5(日)GW終盤、友人と尾道へドライブに行って参りました。
見たい建築をできるだけ多く見てまわる、建築ラリーをレポート。結構長いです。

車のルートはこんな感じ。尾道駅周辺だけでなく、ちょっと福山の方も回ります。
朝7時に出発しました。

写真はクリックで大きくなります。
基本的に超広角レンズ(10mm)を使用しています。広角特有の歪が大きく出ていますので、実際のイメージとは違う場合があります。ご了承下さい。もしくは便利なSONYフルサイズ用広角ズームレンズをください。ディテールやぼかしが入ったスナップはスマホで撮ったものです。

①尾道市御調支所

設計:大西麻貴+百田有希/o+h.
御調支所の建て替え工事で、設計は先日熊野町の防災センターのコンペでも最優秀となった 大西麻貴 。先月完成したばかりで、このGW明けから移転することになるらしい。

内部空間(覗き)

古い支所の建物はまだ残ったままです。古い方からボリュームがかなり小さくなっているので、現在は多少影に隠れた感がありますが、尾道市のHPにある、プロポーザル時のプレゼン資料によると、そちらを解体した後の広場までが整備される予定なのかもしれません。(実施設計時の最終的な資料がHP上では見つけられなかったので、最新の計画がどうなっているのかは不明です。)

建物単体で見ると、凝った形の割にはなんか面白みに欠ける印象。サッシの形状が悪いのか、外壁の木部の色が浮いているのか、ディチールが甘いのか。なんかもう一歩って印象です。広場が整備されて緑が増えるともう少し落ち着くかもしれません。

曲面壁の水切り こういうところが少し目につく

②神勝寺

御調支所から車で30分。みろくの里のすぐそばにある、禅宗のお寺です。
神に勝つ寺」ってすごいネーミングセンス!
敷地が広大でのんびり回れば十分に一日暇をつぶせますが、今回は入口付近の数棟に絞ります。

【松堂】設計:藤森照信
門をくぐってすぐ見える建物で、受付と売店、トイレがあります。
一見ジブリの世界から飛び出してきたようなメルヘンな建物は、茶室のように遊び心溢れるデティールがいっぱいです。

屋根の上には木が植えられています。
屋根:銅板葺きのディテール
列柱のディテール

【洸庭】設計:SANDWICH
ピロティに支えられた不思議な宇宙船のような建物はアートパビリオンになっています。

実物は結構大きいです

橋を渡って小さな入口から入って、約30分間、暗闇の中で光と水によるアートを鑑賞します。
禅の世界を体験というか不思議な瞑想が出来ます。

ピロティ部分はまるで船底のような造形。
小さな木の板の集まりで、この曲面を作っています。
お庭も広くてきれいです。
こんなのもいます。チンアナゴ・・・

含空院
立派な茅葺の建物は滋賀県 臨済宗永源寺派大本山永源寺より移築再建したものだそうです。
お庭を眺めながら休憩出来ます。

煎茶セット  ¥800

③ 常石造船付近

車で10分ほど走ると海岸に出ます。常石造船の造船所がありますが、その近くに3件、建築家が手がけた建物があります。打って変わってモダニズム。

【せとの森住宅】設計:藤本壮介建築設計事務所
極端にシンプルでアイコニックな「家」が集まっています。常石造船の社宅だそうです。1軒は1軒はそこそこ大きく、2世帯分になっているようです。外壁・屋根ともステンレスの波板で、家の向きにより光の反射が違って色んな色に見えます。

こんな配置図が置かれています

適度にランダム配置と間の植栽から、非常に楽しい団地(?)になっています。シンプルに見せるためのディテールがすばらしいです。玄関ドアも外壁と同じ仕上げになっていたり、物干し竿の支柱が特性だったり・・・。

【seto】設計:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
こちらも社宅。山の斜面からコンクリートの塊が飛び出したような建物。

手すり等は全て鉄材の赤錆仕上げ
実際に片持でかなり飛び出している!

いかにも重そうなコンクリートの塊が浮いているかのような光景は、 まるでマグリットの岩みたいです。一応セキュリティはないので、各玄関前まで入っていく事ができますが、プライバシーに配慮してマナーを守って見学しましょう。

【リボンチャペル】設計:NAP建築設計事務所
近くにあるホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」はもともと常石造船の迎賓館だった建物を改修されたそうです。そのウエディング用のチャペルがこちら。

2方向から上がれるリボン状の階段がぐるぐる回って頂上で一つになります。階段は梁にもなっているようです。100%見た目だけかと思っていたら(失礼)、有機的な生命力があって面白いです。

以上3件は車で5分程の範囲にあります。
ここから尾道市街に向かいます。
海岸沿いを西へ走っていると、しまなみ海道の橋をくぐってスグぐらいにSUPPOSE DESIGN OFFICE【尾道の家】を見ることが出来ます。

おまけ①:高亀医院

尾道市役所(現在、新庁舎建築中)の近く、路地を入るとこんなものがあります。
なぜこうなった!普通のピロティじゃダメだったのか!

市役所隣の駐車場に停めようと思ったら満車だったので、千光寺の臨時駐車場まで上がりました。ここからしばらく徒歩移動です。

④尾道市街地1  尾道市立美術館~LOG(下り道)

【尾道市立美術館】設計:安藤忠雄研究所
安藤忠雄の美術館。館内に有名なデザイナーズチェアが置いてあって、好きに座っていいのが嬉しい。打ち放しはまだきれい。

リサ・ラーソン展やってたのでちょっと覗きました

みはらし亭
のどが渇いたのでちょっと休憩。

見晴らしがいい みはらし亭

【LOG】設計:スタジオ・ムンバイ
インドの建築家が手がけた共同住宅→ホテル(カフェもあり)へのリノベーション。

入り口は和風!もともとあったのかな
まずこの色!インドの土の色?
日本人はなかなか選ばない色
全体的に柔らかい印象
ディテールをよく見ると、この建物にはピン角や普通の面取りがない。
全て丸角になっている。階段の段鼻も丸角。
配管までリシン吹き付けで柔らかい印象
左は塗装サンプル?
一瞬、ここが尾道であることを忘れてしまう不思議空間

路地を抜けて下りきったら、駅の方へ向かいます。途中で尾道ラーメンを食べました。

⑤尾道市街地2 尾道駅~空き家再生プロジェクト(登り道)

【尾道駅舎】設計:アトリエ・ワン
3月にオープンしたばかりの新駅舎です。今風の瓦屋根が印象的ですが、違和感もあまり感じられないです。

天井はなく、ダクトや配管は外からも丸見え。
待合横、階段にはいろんな小物が展示できる本棚があります。
面白いけど階段が暗くなってる印象は否めない。
2階テラス
駅から周辺環境への連続性が感じられます。
2階はレストランとカフェ。ブックコーナーもあります。

ここから駅の北側に回って古い建物をみていきます。

【石井耳鼻咽喉科医院】1923年

【三軒家アパートメント】空き家再生プロジェクト その1 年代不明

カフェだったり、卓球場だったり、絶妙な中庭。

【北村洋品店】空き家再生プロジェクト その2 昭和30年代 

勝手に親近感
内部はアートでパワフル!

【旧和泉家別邸(尾道ガウディハウス)】空き家再生プロジェクト その3 1932年

ものすごい斜面&狭小地に立つ、パワフルな建築。

そのまま路地を登って千光寺の駐車場へ戻ります。

尾道城天守閣
これは1964年建造の史実と全く無関係のフェイクだそうです。解体計画中だとか。

おまけ②:尾道で見かけた面白い車

ランボルギーニ アヴェンタドールSV
低い!えぐい!品がない!羨ましい!
ニッサン・ラシーン プチオフ会?
いつまでも愛される車っていいですよね。

車に戻ったらまた海岸沿いへ降ります。

⑥ONOMICHI U2

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
古い倉庫を自転車乗り向けの複合観光施設にリノベーションしています。

県営2号!
テラス席は気持ちいです
自転車のまま泊まれるゲストハウス
自転車ショップと雑貨屋さん

自転車を利用した観光にちからを入れるというのは面白い取り組み。建築的にはそんなに特筆するところはないかも。もとからの倉庫が力強くてかっこいいので。

ダグボート
尾道の日暮れが旅の終わりを告げる

まとめ

尾道は新旧色んな建築が観られて楽しいです。市街地は歩いて回れる範囲ですし(高低差はありますが)広島からも1時間ちょっとで行けるので日帰り旅行に是非オススメ。

ただ、これからの季節は市街地だけなら電車で行ったほうがいいかもしれません。
車だとビールが飲めない!

この記事がよかったら
+1
:
:

高松日帰りドライブ・男一人旅

2019.4.1

3/31(日)、香川へ安藤忠雄の講演会を聞きに行きました。車検で預けていた車が間に合うかどうか分からなかったのと、急の話だったので結局一人旅に。僕なりの一人旅の楽しみ方をご紹介。

ルートはこんな感じ。瀬戸大橋経由。休憩無しで3時間弱。

今日は嫁も娘もいない。
チャイルドシートを降ろし、「赤ちゃんが乗っています」ステッカーは一旦剥がす。
もちろん家の用事は済ませておく。
ちょっと遅めに9時頃広島を出発。


愛車はFIAT500(チンクエチェントって読む)。大衆車でもイタリア車。
2気筒のツインエアエンジンで、乗っていて楽しい車だ。

お気に入りのグローブ(普段は派手すぎて着けられない)を装着したら、さあ出発。

BGM

ドライブにBGMは欠かせない。
一人きりの社内、誰にも遠慮することはない。
自分が聞きたい音量で楽しむ。

まだ風は少し冷たいが、日差しは強いので社内は暖かい。
最近聞き始めた「Cymbals」のアルバムでノリノリ。

車趣味

車が好きだ。ドライブも好きだ。
そんなにお金をかけられる訳ではないけど、毎日乗るものなのでちょっとずつ自分仕様にしていきたい。この3月車検だったので、その際に着けたもの、替えたものが2つある。
それも1日かけて感触を確かめてみよう。

握るステアリングは社外品。オーソドックスでシンプルな形状。
色は革張り専門の会社に送って指定色で張り直している。
ホーンは古い友人が手に入れてくれたもの。少しクラシック。
シフトノブも社外品に替えている。機械は手に触れるところからこだわる。
ちなみにマニュアルではないがほとんどマニュアルモードで乗っている。
今回の車検の際に取付けた、スロットルコントローラー。
アクセル感度がダイレクトになる。
タイヤがすり減っていたのでホイールごと交換した。

※ホイールについて補足

FIAT500のツインエアーエンジンは面白いエンジンだが、決してパワーが有るわけではない。
ターボが効いてくる3000回転までは非常にゆったりとした加速である。
少し不満が溜まってきたので足元を軽やかにしようと思った。

元々履いていたのは、15インチのアルミホイール。中間グレード「Lounge」の標準仕様である。半年ほど悩んで選んだのは下位グレードPOPに標準でついてくる14インチの鉄チンホイール。実はこっちの鉄チンホイールのほうが軽いらしい。更に標準よりも1段幅の狭いタイヤをチョイス。これで重量と転がり抵抗もだいぶ少なくなったはず。

乗ってみた感触は「非常にいい」上のスロコンと併せて、加速がスムーズになった。明らかに軽くなった「感触がする」。また乗り心地も良くなっている。高速の継ぎ目で結構はねてたものがだいぶ柔らかくなった。タイヤが細くなったことで高速域がちょっと心配だったが、そのクッション性もあって緊張感が1段落着いた気がする。

デザインに関してはこのちょっとダサい感じが500にはなぜかしっかり来る。
足元が黒で統一されたので、少し締まった印象で男の子っぽくなったかもしれない。
あとはボルトを交換するか、センターキャップを何にするか・・・
こういうのも一人の時でないと悩めない。

お土産

出来る男はしなければいけないことを先に片付ける。
高松に入ったらまずお土産屋さんへ向かう。

栗林公園の横にあるお土産屋さん。駐車場あり。

購入するものは事前にネットで調べておくと、あまり悩まずに済む。

会社用「かまど」 白あんのお饅頭
家族用「讃岐うどん」これが一番人気らしい
家族用その2「うどん風グミ」
開けてみた
見た目は短めのうどんにしか見えない。味はレモン味の美味しいグミだけど、
1口目の最初になんかうどんっぽいというか、粉物の香りがしたような気がする。

昼食

旅といえばグルメ。香川といえばうどんである。まず、ここに行く。

「竹清」とかく
これくらいの行列 うどんなのでせいぜい30分ぐらいの待ち時間
店内に入っても、もうちょっと焦らされる
入り口のそばでおばちゃんが天ぷらをあげている
とりあえず、名物の半熟揚げ玉とちくわがいるかどうか聞かれる
両方100円ずつ。もちろん両方とも注文。

並んでいると何玉か聞かれるので1.5玉をチョイス。
値段は半玉:¥140、1玉:¥170、1.5玉:¥200、2玉:¥230、3玉:¥290 ・・・
先程の天ぷらと併せてお金を払うと湯がいて一度洗った面を丼に入れてくれる。

その後、熱いかけつゆか、冷たいつゆにするかは自分で選んでかける。
トッピングも自分で行う。

これだ。自分はぶっかけ派。
ネギと天かす、生姜をトッピング。
麺は太いが硬いわけではない。
口に入れるとチュルチュル、噛むとモチモチというタイプ。
半熟の揚げ玉はサクッとかじると中は熱々トロ~リ。
最終的に丼に盛ってから一気にかきこむ。

安藤忠雄講演会

お腹が満たされたので安藤忠雄の講演会へ向かう。
竹清の近くに香川県庁舎があるが、耐震補強工事で足場が取れていないのが並んでる際に見えたので、今回はスルー。
会場の県民ホールは駐車場に迷って開演ギリギリに着いた。

会場は大入満員。僕は立ち見。
安藤忠雄になると一般人も多い。

講演中は撮影禁止っぽかったので「瀬戸内国際芸術祭」のホームページを貼っておく。

[blogcard href=”https://setouchi-artfest.jp/”]

話の内容は瀬戸内国際芸術祭に初めから関わっておられるので、その経緯と芸術の持つ力について。会場の島々は非常に交通の便が悪く、最初はうまくいくとは思っていなかったが、そこにしかない、そこでしか出来ない体験は多くの人を呼び寄せることが出来る、らしい。色んな話を途切れなく出来る方で、その節々が面白く「大阪人なら」というのをよくオチに使われる。

たまらず本を購入し、サインを頂く。イェイ!

香川県立体育館(旧)

その後、県民ホールから近くだったので香川県立体育館に行ってみた。丹下健三の作品。
代々木の国立競技場は安藤忠雄も一番美しくて好きだと言っていたが果たしてこちらはどうか。

遠景 今は老朽化の為使われていない
近景 この張出し!
基本的に左右対称の建物。
屋上の排水は池に落ちるようになっている
張出しスラブの梁
この有機的な構造美

これはかっこいい。この良さは写真だとなかなか伝わらないかもしれない。
大胆かつシンプルな構成の曲面と、支える梁等の有機的な構造美。
杉型枠によるラインは生命的な力強ささえ感じる。
この時代になぜこのような造形が出来たのか。
自分にはこのレベルのモデリングの技術はまだない。それだけでも少しくやしい。

建築とカメラ

ちょっとカメラの話。

いい建築を見る。この感動を人に伝えるには写真が必要だ。
自分が感じたままを手間なく写真に収めるためにはいいカメラも必要だ。
約1年前に奮発して買ったのはコレ。

SONY α7III
お値段は前の会社のボーナス1回分。
娘が生まれたからと言うのが決め手だが、迷うこと無くフルサイズとしたのは広角を撮りたいから。今のSONYのカメラは完成度が高い。センサーの感度もよし、書き込み速度も早い。液晶も見やすい。動く娘も建築も風景も何でも行けるオールラウンダー。なによりフルサイズセンサーは空気感が全く違う。後はレンズ次第。

去年末に買った面白いレンズがコレ。

Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL
広角10mmという世界最広角単焦点レンズ。
このレンズは世界が広いということを改めて教えてくれる。
自分の視界より広い。広すぎてピーキー。
広ければ広いほどいいと思ってたけどそういうわけではないみたい。
お金貯めて普通に12-24mmの広角ズームを買おう。

なので上のレンズで撮ったものはめちゃくちゃ広く感じる絵に。
それ以外は標準レンズの広角側28mmなので少し狭い。
今年買ったスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」は広角16mmレンズがあるので、それが一番使いやすかったりする。画質は見劣りするんだけど。変なアスペクト比のものはこのスマホ。

最近ちょっとだけ分かってきたのは、高いレンズと安いレンズの違い。
解像感、色合い、空気感、ツヤ感。なんか違う。
コレばっかりは言葉だとわからないかもしれない。
あと、いい建築と、いい建築写真は別。またいい建築写真がいい写真作品というわけでもない。
写真は難しい。まだまだ初心者。

一人旅だと連れを気にせず、じっくり撮影に集中することが出来る。コレも楽しみの一つである。

高松市 庵治支所

体育館から車で30分程行ったところにある、庵治町の支所。
我らが広島、村上徹の作品。
去年末に講演会で見て、まだ見てないことに気がついたので少し遠回り。

前面道路沿い
丸柱のピロティ
ピロティをくぐって中庭に
逆円錐型のガラス張りの議場がアクセント
コンクリートスラブとガラスの水平ラインが美しい。
この極めてシンプルな造形からくるピシッとした緊張感が村上建築のいい所。
実際はここまで広くない
円錐部分の屋根の排水は隣の塔へ樋が伸びている
軽やかなスロープ
金属板の庇の先は丸いパンチング
屋根の排水を外に樋を突き出して垂れ流してたと思うんだけど見当たらない
よく見るとこっちの面に何か塞いだような跡が。

おやつ

小腹も空いてきたので、普通ならスイーツでも探す所、今回は追いうどんである。
庵治支所から帰る方向にあった釜揚げうどんの店「わら屋」

駐車場から少し降りると
本物の茅葺き(藁)古民家登場
小さな水車小屋もある
店内は落ち着いてていい感じ。
先に持ってこられる薬味。
大量のネギ。しょうがは自分で擦る。ツユは徳利から注ぐ。
うどん登場。すすった感じはサラサラ。噛むとシコシコ。
そんなに弾力はない。あっさりした食べ心地。
一方おツユはかつおだしがよく利いててパンチがある。
サラリと完食。
同じ敷地に小さいお土産屋さんも
和風が飽きたら洋館のカフェもある
隣は神社 うどん分消費しないといけないので登ってみる
「がんばれw」って言われてるような気がする
頂上からの眺めは絶景かな

この時点でもう17時頃。うどんもう1件行きたかったけど、夕焼けを海で撮りたかったのでこの辺りで帰路に。

暖かな黄色い午後。
もう帰るのかと少しアンニュイな気分な時に合うBGMは「Paris Match」

与島PAで夕焼け撮影

実は与島ではなく四国側の先で撮りたかった。
谷口吉生設計の美術館があったので外観だけでも是非見てみたかった。
しかしGoogle先生のナビが瀬戸大橋から飛び降りるルートを指示してくれたので気づかず通過してしまったのだ。夕暮れまでに引き返す余裕もなく、こちらで撮影。

与島は一度来たことがあるが、広角10mmはこういうダイナミックな風景が一番映える

清々しい気持ちでコーヒーを買い帰路につく。

夜のドライブミュージック

夕暮れ時のオススメナンバー♪
SUNSET/Bul-Swing
夕暮れガール/ microstar

暗くなってからのオススメナンバー♪
流星都市/Original Love
夜間飛行/Stardust Revue
光速道路/so nice

最近はスマホで音楽を聞くことが多い。車内はBluetooth接続。
しかもYouTubeMusic。オススメや関連をいい具合に連続再生してくれる。
気に入ったものはプレイリストに。
車内は自分だけの世界。

高速道路を2時間あまり。頭は空っぽに、ただただBGMと流れるライトに酔いしれる。
どこからが車のアクセルペダルでどこまでが自分の右足か曖昧な感覚になってくるころ、
しっとりと一人旅は終わるを迎える。自宅到着は21時。
タイヤのおかげか思った以上に疲れは感じない。

明日からまた仕事、頑張ろう。

蛇足

広島に付く前にトイレにも行きたくて小谷パーキングエリアで休憩。
見てたら食いたくなるのがデブの性。今日は炭水化物ばっかりで反省。

この記事がよかったら
+1
:
:

このページのトップへ戻る