KITAMULABO

講演会レポート

"2件"の投稿があります

熊野町で公募型プロポーザルの公開審査を見学する

2019.5.1

広島県は熊野町で「 東部地域防災センター(仮称)新築工事 」に伴う基本・実施設計業務の公募型建築プロポーザルが行われています。こちらの 公開ヒアリング・公開審査が4/26(金)に行われたので、見学に行ってまいりました。

概要

場所は熊野町民会館で行われました。 平日にも関わらず大勢の傍聴人です。それもそのはず、こんな片田舎の(失礼)プロポーザルで審査員が豪華なんですね。

委員長:名古屋造形大学 学長  山本 理顕
副委員長:東北大学大学院 教授 小野田 泰明
委員:広島工業大学 名誉教授  村上 徹
委員:広島県 土木建築局 建築技術部長 的場 弘明
内部委員:熊野町 副町長 内田 充
そうそうたる面々 山本理顕初めて見ました。

一次審査を通過した5名(左から順に)
一級建築士事務所大西麻貴+百田有希/o+h
有限会社乾久美子建築設計事務所
宮本設計・宮本佳明建築設計事務所共同企業体
株式会社高池葉子建築設計事務所
株式会社藤本壮介建築設計事務所

アトリエ系しか残ってませんw。藤本壮介って結構背が高いですね。

早速くじ引きでプレゼンの順番を決めて、1社25分ずつのプレゼン及び質疑応答タイム。

開演前、会場の前にプレゼンボードが貼ってあったんですが、群がる人が多くてうまく見えなかったので、逆に一切見ずにプレゼンに臨むことにしました。
(写真だけでも撮っとけばよかったです。熊野町WEBで公開してないんですよね。)

プラン概要

言葉だけでざっくり各プランを解説すると(無謀)プレゼン順
①大西麻貴
熊野だけに一筆書きの渦巻の壁で構成する。この壁が川が氾濫した時の防波堤にもなる。壁の内側が長いスロープになっており、ゆったりと2階にアプローチされる。そのスロープに包まれるようにして広場がある。RC造。
②高池葉子
広場を取り囲むように建物を配置(Uの字状)。広場の上部は膜構造(テント)で開閉式にする。1階床レベルを80㎝まで上げて浸水対策。シミュレーション済み。鉄骨造で軽い上屋とする。
③藤本壮介
町のシンボルとなる灯台のような塔を持つプラン。塔から煙がのぼり、灯りがともることで平時には安心感を与え、災害時には避難場所の目標とする。また、建物いっぱいの幅の大階段と2階に広場を設けることで、ひどい浸水時の避難場所と、分かりやすい避難導線を確保。
メインはRC造だが、塔部分は鉄骨造、階段部分は外構工事としてコストを抑える予定。
④乾久美子
熊野町の瓦屋根の民家をモチーフに、小さいに棟がいくつか集まったような集合体を2階のプラットフォーム上に配置。浸水時は2階に避難するようにする。1階は開放的な平常時の交流の場とする。
⑤宮本佳明
民家の瓦屋根を集合させ、その間に異質の屋根を配置して通り土間のようにする。建物自体が一つの町みたいな雰囲気。

審査

まず山本理顕の解説がわかりやすいです。
この公開審査の意義と目的。それぞれのプランのいい点、悪い点。そもそもの公共建築の役割と機能等の解説。傍聴席の我々や町民の方にも配慮した内容でした。
だけど自分のお気に入り案が変な感じで突っ込まれると、わかりやすく反論してるので面白いです。

山本理研の一声で今回は審査も全て公開でした。
小野田先生の進行をバッサリぶった切る山本理顕。もう一人1案(1票)でいいんじゃない?
いつの間にかプランの添削をし始める村上徹。村上先生、ゼミみたいになってますよw
建築界の大御所が真剣に仕事をしている状態を見学できるのはそれだけで勉強になりますし、審査まで公開なのは珍しいそうですが、こうやって決めるんだな~ってのは見てて面白いです 。

審査中 提案者に再ヒアリングをする場面も(藤本壮介)

結果

決まったのは一級建築士事務所大西麻貴+百田有希/o+h
尾道の御調支所は完成してたみたいなのでぜひ見に行ってみたいですね。

次点は有限会社乾久美子建築設計事務所となっております。
決定プランだけでもWEBで公開されればいいんですが、GW明けに出るかな?熊野町。

感想

ここからは完全に素人の蛇足です。

個人的にはプランの完成度、意匠性、現実味からするとやっぱり藤本壮介が一番良かったように思います。が、なんか全体的に君は売れてるからいいでしょ、みたいな雰囲気があって1票も入らなかったです。質疑の時に「答えになってないのにさも答えたような雰囲気を出してくる、流石ですねぇ」ってからかわれてました。(プレゼンも一番うまかったです。)

決まった大西さんのプランは建築的にすごく面白くてかわいいです。当初から山本理顕のお気に入りな感じでした。決まったことについては問題ないと思いますが、実施設計のまとめ方や施工性を考えると、もしかしたら熊野町レベルでは計画が難航するかもしれません。広島市内の新白島駅みたいにブツ切りになっていくことがないように進めてほしいものです。また村上徹は車導線と歩行者導線が交差することによる危険性を指摘していたので、どちらにしろプランは変わっていくと思われます。その過程を追っかけていくのも面白いかもしれません。

高池さんは建物に取り囲まれた広場が高評価でしたが、テント屋根の耐久性と、部屋割りの複雑さ、外観に表と裏があることが指摘されていました。またこの方は伊藤豊雄の事務所でみんなの家とか担当していたそうです。それで避けられたってわけじゃないんだろうけど。

乾さんは宮島口のターミナルもとられてますね。
熊野町の民家の街並みになじむようにという案は建築的には面白いものがありますが、埋もれないかなとも思いました。また建物がこじんまりしすぎていることと、外構の使われ方がまだ計画しきれていないような感じでした。

宮本さんは、ちょっとレベルが低かったような。僕の中では論外かなと。
かっこいいわけでもないのに模型1/50で作っちゃって、いっぱい大学生が運んでいました。もっと他に練らなければいけないことがあるようなプラン。「ゲンカイ」ハウス。

審査自体は面白いです。広島でなかなかこれだけのメンツが揃うことは少ないかもしれませんが、機会があったら見学していきたいと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

高松日帰りドライブ・男一人旅

2019.4.1

3/31(日)、香川へ安藤忠雄の講演会を聞きに行きました。車検で預けていた車が間に合うかどうか分からなかったのと、急の話だったので結局一人旅に。僕なりの一人旅の楽しみ方をご紹介。

ルートはこんな感じ。瀬戸大橋経由。休憩無しで3時間弱。

今日は嫁も娘もいない。
チャイルドシートを降ろし、「赤ちゃんが乗っています」ステッカーは一旦剥がす。
もちろん家の用事は済ませておく。
ちょっと遅めに9時頃広島を出発。


愛車はFIAT500(チンクエチェントって読む)。大衆車でもイタリア車。
2気筒のツインエアエンジンで、乗っていて楽しい車だ。

お気に入りのグローブ(普段は派手すぎて着けられない)を装着したら、さあ出発。

BGM

ドライブにBGMは欠かせない。
一人きりの社内、誰にも遠慮することはない。
自分が聞きたい音量で楽しむ。

まだ風は少し冷たいが、日差しは強いので社内は暖かい。
最近聞き始めた「Cymbals」のアルバムでノリノリ。

車趣味

車が好きだ。ドライブも好きだ。
そんなにお金をかけられる訳ではないけど、毎日乗るものなのでちょっとずつ自分仕様にしていきたい。この3月車検だったので、その際に着けたもの、替えたものが2つある。
それも1日かけて感触を確かめてみよう。

握るステアリングは社外品。オーソドックスでシンプルな形状。
色は革張り専門の会社に送って指定色で張り直している。
ホーンは古い友人が手に入れてくれたもの。少しクラシック。
シフトノブも社外品に替えている。機械は手に触れるところからこだわる。
ちなみにマニュアルではないがほとんどマニュアルモードで乗っている。
今回の車検の際に取付けた、スロットルコントローラー。
アクセル感度がダイレクトになる。
タイヤがすり減っていたのでホイールごと交換した。

※ホイールについて補足

FIAT500のツインエアーエンジンは面白いエンジンだが、決してパワーが有るわけではない。
ターボが効いてくる3000回転までは非常にゆったりとした加速である。
少し不満が溜まってきたので足元を軽やかにしようと思った。

元々履いていたのは、15インチのアルミホイール。中間グレード「Lounge」の標準仕様である。半年ほど悩んで選んだのは下位グレードPOPに標準でついてくる14インチの鉄チンホイール。実はこっちの鉄チンホイールのほうが軽いらしい。更に標準よりも1段幅の狭いタイヤをチョイス。これで重量と転がり抵抗もだいぶ少なくなったはず。

乗ってみた感触は「非常にいい」上のスロコンと併せて、加速がスムーズになった。明らかに軽くなった「感触がする」。また乗り心地も良くなっている。高速の継ぎ目で結構はねてたものがだいぶ柔らかくなった。タイヤが細くなったことで高速域がちょっと心配だったが、そのクッション性もあって緊張感が1段落着いた気がする。

デザインに関してはこのちょっとダサい感じが500にはなぜかしっかり来る。
足元が黒で統一されたので、少し締まった印象で男の子っぽくなったかもしれない。
あとはボルトを交換するか、センターキャップを何にするか・・・
こういうのも一人の時でないと悩めない。

お土産

出来る男はしなければいけないことを先に片付ける。
高松に入ったらまずお土産屋さんへ向かう。

栗林公園の横にあるお土産屋さん。駐車場あり。

購入するものは事前にネットで調べておくと、あまり悩まずに済む。

会社用「かまど」 白あんのお饅頭
家族用「讃岐うどん」これが一番人気らしい
家族用その2「うどん風グミ」
開けてみた
見た目は短めのうどんにしか見えない。味はレモン味の美味しいグミだけど、
1口目の最初になんかうどんっぽいというか、粉物の香りがしたような気がする。

昼食

旅といえばグルメ。香川といえばうどんである。まず、ここに行く。

「竹清」とかく
これくらいの行列 うどんなのでせいぜい30分ぐらいの待ち時間
店内に入っても、もうちょっと焦らされる
入り口のそばでおばちゃんが天ぷらをあげている
とりあえず、名物の半熟揚げ玉とちくわがいるかどうか聞かれる
両方100円ずつ。もちろん両方とも注文。

並んでいると何玉か聞かれるので1.5玉をチョイス。
値段は半玉:¥140、1玉:¥170、1.5玉:¥200、2玉:¥230、3玉:¥290 ・・・
先程の天ぷらと併せてお金を払うと湯がいて一度洗った面を丼に入れてくれる。

その後、熱いかけつゆか、冷たいつゆにするかは自分で選んでかける。
トッピングも自分で行う。

これだ。自分はぶっかけ派。
ネギと天かす、生姜をトッピング。
麺は太いが硬いわけではない。
口に入れるとチュルチュル、噛むとモチモチというタイプ。
半熟の揚げ玉はサクッとかじると中は熱々トロ~リ。
最終的に丼に盛ってから一気にかきこむ。

安藤忠雄講演会

お腹が満たされたので安藤忠雄の講演会へ向かう。
竹清の近くに香川県庁舎があるが、耐震補強工事で足場が取れていないのが並んでる際に見えたので、今回はスルー。
会場の県民ホールは駐車場に迷って開演ギリギリに着いた。

会場は大入満員。僕は立ち見。
安藤忠雄になると一般人も多い。

講演中は撮影禁止っぽかったので「瀬戸内国際芸術祭」のホームページを貼っておく。

[blogcard href=”https://setouchi-artfest.jp/”]

話の内容は瀬戸内国際芸術祭に初めから関わっておられるので、その経緯と芸術の持つ力について。会場の島々は非常に交通の便が悪く、最初はうまくいくとは思っていなかったが、そこにしかない、そこでしか出来ない体験は多くの人を呼び寄せることが出来る、らしい。色んな話を途切れなく出来る方で、その節々が面白く「大阪人なら」というのをよくオチに使われる。

たまらず本を購入し、サインを頂く。イェイ!

香川県立体育館(旧)

その後、県民ホールから近くだったので香川県立体育館に行ってみた。丹下健三の作品。
代々木の国立競技場は安藤忠雄も一番美しくて好きだと言っていたが果たしてこちらはどうか。

遠景 今は老朽化の為使われていない
近景 この張出し!
基本的に左右対称の建物。
屋上の排水は池に落ちるようになっている
張出しスラブの梁
この有機的な構造美

これはかっこいい。この良さは写真だとなかなか伝わらないかもしれない。
大胆かつシンプルな構成の曲面と、支える梁等の有機的な構造美。
杉型枠によるラインは生命的な力強ささえ感じる。
この時代になぜこのような造形が出来たのか。
自分にはこのレベルのモデリングの技術はまだない。それだけでも少しくやしい。

建築とカメラ

ちょっとカメラの話。

いい建築を見る。この感動を人に伝えるには写真が必要だ。
自分が感じたままを手間なく写真に収めるためにはいいカメラも必要だ。
約1年前に奮発して買ったのはコレ。

SONY α7III
お値段は前の会社のボーナス1回分。
娘が生まれたからと言うのが決め手だが、迷うこと無くフルサイズとしたのは広角を撮りたいから。今のSONYのカメラは完成度が高い。センサーの感度もよし、書き込み速度も早い。液晶も見やすい。動く娘も建築も風景も何でも行けるオールラウンダー。なによりフルサイズセンサーは空気感が全く違う。後はレンズ次第。

去年末に買った面白いレンズがコレ。

Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL
広角10mmという世界最広角単焦点レンズ。
このレンズは世界が広いということを改めて教えてくれる。
自分の視界より広い。広すぎてピーキー。
広ければ広いほどいいと思ってたけどそういうわけではないみたい。
お金貯めて普通に12-24mmの広角ズームを買おう。

なので上のレンズで撮ったものはめちゃくちゃ広く感じる絵に。
それ以外は標準レンズの広角側28mmなので少し狭い。
今年買ったスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」は広角16mmレンズがあるので、それが一番使いやすかったりする。画質は見劣りするんだけど。変なアスペクト比のものはこのスマホ。

最近ちょっとだけ分かってきたのは、高いレンズと安いレンズの違い。
解像感、色合い、空気感、ツヤ感。なんか違う。
コレばっかりは言葉だとわからないかもしれない。
あと、いい建築と、いい建築写真は別。またいい建築写真がいい写真作品というわけでもない。
写真は難しい。まだまだ初心者。

一人旅だと連れを気にせず、じっくり撮影に集中することが出来る。コレも楽しみの一つである。

高松市 庵治支所

体育館から車で30分程行ったところにある、庵治町の支所。
我らが広島、村上徹の作品。
去年末に講演会で見て、まだ見てないことに気がついたので少し遠回り。

前面道路沿い
丸柱のピロティ
ピロティをくぐって中庭に
逆円錐型のガラス張りの議場がアクセント
コンクリートスラブとガラスの水平ラインが美しい。
この極めてシンプルな造形からくるピシッとした緊張感が村上建築のいい所。
実際はここまで広くない
円錐部分の屋根の排水は隣の塔へ樋が伸びている
軽やかなスロープ
金属板の庇の先は丸いパンチング
屋根の排水を外に樋を突き出して垂れ流してたと思うんだけど見当たらない
よく見るとこっちの面に何か塞いだような跡が。

おやつ

小腹も空いてきたので、普通ならスイーツでも探す所、今回は追いうどんである。
庵治支所から帰る方向にあった釜揚げうどんの店「わら屋」

駐車場から少し降りると
本物の茅葺き(藁)古民家登場
小さな水車小屋もある
店内は落ち着いてていい感じ。
先に持ってこられる薬味。
大量のネギ。しょうがは自分で擦る。ツユは徳利から注ぐ。
うどん登場。すすった感じはサラサラ。噛むとシコシコ。
そんなに弾力はない。あっさりした食べ心地。
一方おツユはかつおだしがよく利いててパンチがある。
サラリと完食。
同じ敷地に小さいお土産屋さんも
和風が飽きたら洋館のカフェもある
隣は神社 うどん分消費しないといけないので登ってみる
「がんばれw」って言われてるような気がする
頂上からの眺めは絶景かな

この時点でもう17時頃。うどんもう1件行きたかったけど、夕焼けを海で撮りたかったのでこの辺りで帰路に。

暖かな黄色い午後。
もう帰るのかと少しアンニュイな気分な時に合うBGMは「Paris Match」

与島PAで夕焼け撮影

実は与島ではなく四国側の先で撮りたかった。
谷口吉生設計の美術館があったので外観だけでも是非見てみたかった。
しかしGoogle先生のナビが瀬戸大橋から飛び降りるルートを指示してくれたので気づかず通過してしまったのだ。夕暮れまでに引き返す余裕もなく、こちらで撮影。

与島は一度来たことがあるが、広角10mmはこういうダイナミックな風景が一番映える

清々しい気持ちでコーヒーを買い帰路につく。

夜のドライブミュージック

夕暮れ時のオススメナンバー♪
SUNSET/Bul-Swing
夕暮れガール/ microstar

暗くなってからのオススメナンバー♪
流星都市/Original Love
夜間飛行/Stardust Revue
光速道路/so nice

最近はスマホで音楽を聞くことが多い。車内はBluetooth接続。
しかもYouTubeMusic。オススメや関連をいい具合に連続再生してくれる。
気に入ったものはプレイリストに。
車内は自分だけの世界。

高速道路を2時間あまり。頭は空っぽに、ただただBGMと流れるライトに酔いしれる。
どこからが車のアクセルペダルでどこまでが自分の右足か曖昧な感覚になってくるころ、
しっとりと一人旅は終わるを迎える。自宅到着は21時。
タイヤのおかげか思った以上に疲れは感じない。

明日からまた仕事、頑張ろう。

蛇足

広島に付く前にトイレにも行きたくて小谷パーキングエリアで休憩。
見てたら食いたくなるのがデブの性。今日は炭水化物ばっかりで反省。

この記事がよかったら
+1
:
:

このページのトップへ戻る