KITAMULABO

BIMを勉強するシリーズ

"7件"の投稿があります

今なら無料のTwinmotionというレンダリングソフトがすごい

2019.7.9

TwinmotionというLumionみたいなレンダリングソフト、というか建築向けビジュアライゼーションソフトがちょっと前から無料で使えるようになっています。早速ダウンロードして、ArchiCADで作成したバルセロナ・パビリオンをもとにパースを作ってみました。今回はムービーにもチャレンジ。

Twinmotion とは

もともとはフランス製の建築ビジュアライゼーションソフトです。
ヨーロッパの設計事務所で採用が多かったらしいです。
2017年からレンダリングエンジンにUnreal Engine 4(ゲーム開発環境)を採用しており、今どきのゲームっぽい早くてわかりやすいプレゼンテーションツールです。
何が出来るのかは以下の公式サイトをご確認ください。

[blogcard url=”http://www.twinmotion.jp/feature/index.html”]

このTwinmotionが、今年2019年になって Unreal Engine 4 のEpic Gamesに買収されたようで、今年の11月まで今のバージョンが無料で使えるようになっています。もともとは30万円近くするものだった模様。
11月過ぎても今のバージョンはそのまま使えるようですが、 Unreal Engine 4 自体が最新のリアルタイムレイトレーシングに対応しているので、新しいバージョンはその機能を全面に出してきて結構なお値段になるのかもしれません。

ということでダウンロードしない手はありません。ダウンロードはこちらから
https://www.unrealengine.com/ja/twinmotion

導入はちょっとだけ面倒くさいです。
①Epic Gamesのアカウントを作成。
②UnrealEngineの最新バージョンをダウンロード ・インストール 。
③Twinmotionをダウンロード ・インストール 。
④使用するCAD、BIMのプラグインがあればそれもダウンロード・インストール。

RevitやArchiCADはリアルタイムで連動する(BIMでの変更が再読込しなくてもTwinmotionに反映される)プラグインがありますので、そちらから起動出来ます。

バルセロナ・パビリオンのパース・ムービー

ということで早速ArchiCADで作ったバルセロナ・パビリオンのモデルを使ってパースを出力してみます。

ArchiCAD上でレンダリングしたもの。10分ぐらいかかってこのクオリティ。

Lumionみたいに木とか人とか選んで配置していきます。パスといってラインを引くとその上をランダムに人や車が出現して交通が生まれるツールも面白いです。
あとは位置や方角、天気・時間を調整すると、小一時間でこんな感じ。

クリックで元データが表示されます

レンダリング自体は4K解像度で10秒程度。爆速!

次に、面白そうなのでムービーを作ってみました。カットを指定して行くと、それをつなぐようにムービーにしてくれます。カット次第で鳥の目線や、ウォークスルー的な動画にもなります。

Youtubeにアップロードしてみました

簡単に動画ができます。
これもフルHD解像度で出力に2分ちょっとというところ。爆速です。

カットごとに時間も変えられるので1日の移り変わりもシミュレーションできます。

Lumionと比較してみると

Lumionで作ったパース

レンダリングの品質はLumionのほうが圧倒的に高いです。設定も細かく、オブジェクトも豊富。もちろん、無料になる前の値段を比較しても圧倒的にLumionのほうが高いので当たり前といえばそうですが。ただ、フリーソフトと考えると信じられないクオリティで、出来ることも多いです。ムービー、パノラマ、VR等々。色んなプレゼン手法が使えるようになる。コレは面白いですよ。

この記事がよかったら
+3
:
:

Lumionの基本操作を習得する

2019.5.27

Lumionはレンダリングのソフトです。
ArchiCADでバルセロナ・パビリオンをモデリングしましたが、せっかくなのできれいにレンダリングしてみました。

ArchiCAD内部で行ってレンダリングはこんな感じ。悪くはないけど殺風景ですね。

一方、Lumionでレンダリングするとこんな感じです。

教育版なのでウォーターマークが入ります

うん、全然違う。さすが専用ソフト。
このソフトで何をやっているかというと、植栽や人等のオブジェクトの配置と、背景の空や太陽の向きの調整、あとはカメラ的な設定です。さぐりさぐり小1時間で出来ます。

操作画面は至ってシンプル。
操作系は少し特殊だけど、よく見るとヒントが書いてあるので安心です。

オブジェクトはこんな感じで配置します。
人は基本的にアニメーションになっていて、選択中のお姉さんもこの状態ではその場こぎを続けています。ムービーもできるようですね。それはまた今度チャレンジしてみようと思います。
オブジェクトの種類もたくさんあります。人は外人ばっかりですが(アジア系は居る)、老若男女問わず色んなスタイルが揃っています。植栽は単純な木から、背景用の森まであります。右の水平線ぐらいに見える車とか建物もオブジェクトで、同じように配置していけます。他にも、舞い散る落ち葉とか、噴水、煙などのアニメーションもあります。

楽しいのでいっぱい配置したくなるのですが、作業としては先にカットとアングルを決めてから物をおいていったほうが、無駄な作業が少なくなります。

空の表現も雲の量とか自由に調整できて面白いですよ。
以下、別カットです。

水面はArchiCAD上で【水】と指定してそのままの状態
空の飛行機雲とかも追加・調整可能です
テクスチャはArchiCAD上で指定したままです

なかなかのクオリティです。しかもレンダリングがめちゃくちゃ速いんですよね。
上記の5枚(4K解像度)で2~3分ぐらい。

次は照明を入れて夜景にもトライしてみようと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

ArchiCADの基本操作を習得する

2019.5.27

ArchiCADの基本操作を勉強するため、ミースのバルセロナ・パビリオンをモデリングしてみました。
バルセロナ・パビリオンの図面は手持ちのものがありましたので、そちらを見て作っています。
PDF図面は下のページからダウンロードできます。

3Dビューの表示はこんな感じ。Revitと違ってArchiCADはパースが付いています。SketchUpとかに慣れている人はこちらのほうがありがたいですね。簡単なウォークスルーもやりやすいです。

平屋建てなので平面図と立面図を1枚に収めてみました。
図面枠はシンプルな1本線ですが、プラン段階はこんなものじゃないでしょうか。

平面図・立面図

PDF図面はこちらからダウンロード。

パース

パースはArchiCADに標準搭載されている、Cinema4Dエンジンでレンダリングしています。
レンダリング速度は遅いです。が、クオリティはそこそこな感じです。

ArchiCADの操作系は少し特殊な感じがします。まだデフォルトの設定で使用しているのと、ショートカットもあまり使用してないので評価する段階ではないかもしれませんが、Revitと比べるとちょっとだけ手がもたつく感じがします。

逆にArchiCADがいいのはグラフィック表示です。デフォルトの3Dビューが非常に綺麗で、よりリアルなイメージを持ちながらプランすることが出来ます。ArchiCADをとりあえずCGソフトとして導入するという事例もあるらしいですが、確かにRevitよりも向いていると思います。また、デフォルトで入ってる家具におしゃれなものが多く、ネットをあさらなくてもそこそこ形になるのがありがたいです。バルセロナチェアもデフォルトで入っています。

次はArchiCADでも独自プランをしてみようと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

Revitの基本操作を習得する

2019.5.27

Revitの基本操作を勉強するために、公式トレーニングテキストの企画プランをやってみました。

公式トレーニングテキストはこちらからダウンロードできます。

この1章だけなら1日あればさらうことが出来ます。
出来たものがこちら。何の変哲もない、昭和の公団住宅のような共同住宅です。
3Dビューの状態。Revitではデフォルトが平行投影になっています。

デフォルトの3Dの表示が少しダサいのがRevitの特徴。
カメラ設定をいじると下のような表示にも出来ます。ただ、動作は重くなります。

BIMなので図面も同時にいじっていきます。以下成果物です。

平均地盤面算定図
平面図
立面図
パース

→PDF図面はこちらからダウンロード。

テキストでは他にも敷地面積の求積図(三斜)を作成しているのですが、Revit2019に対応した日本向けの最新プラグインでは三斜面積の機能がなくなっていて出来なかったです。確認申請では皆さんどうやって対応しているんでしょう。

パースはRevit内臓のレンダリングエンジンなので、速度もクオリティもおまけ程度です。他ソフトかクラウドサービスならもっとマシなのかもしれません。

操作系は非常に合理的にできていてあまりストレスは感じません。
柱や梁は通り芯を選ぶだけで配置してくれたり、壁仕上げに柱を合わしたりという修正もやりやすいです。

テキストでは実施設計と詳細な図面の作成に進みますが、とりあえずここらで放っておいて、簡単なプランをやってみようと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

どうやってBIMのような大型ソフトを独学で習得するか

2019.4.19

BIMのように大型ソフトを習得しようとする場合、まずどうやって勉強しようか悩みどころですね。近くで無料の講習会でもやっていればそれが一番いいんですが、我が地方都市広島ではRevitの講習会はスルー。大阪か福岡まで出向かないといけません。しかもそこそこ講習料とられちゃう。(ArchiCADはちょこちょこ無料の講習会やってくれてる。)とりあえず、自力であがいてみるしかないんですね。とりあえず良いテキストでもないかなと本屋に行ったり、Amazonで検索したりしてもよくわからない。

公式サイトをよく見てみると、無料のトレーニングマニュアルや教材が載ってたりします。まずはそこから手を付けてみましょう。

Revitの場合

下記のページから教材がダウンロードできます。
http://bim-design.com/learning/
意匠設計向けコースが2018年版まで対応しています。
ダウンロードしてみると、400ページ超えのすごいボリュームでした。(会社で印刷しました。ごめんなさい。)
動画もあるようです。非常にわかりやすいですね。

ArchiCADの場合

下記のページにトレーニング情報が載っています。
https://www.graphisoft.co.jp/training/
こっちの方がRevitより親切かも。
書籍の紹介もありますしトレーニングドキュメントも充実しています。
確認申請のテンプレートから木造住宅の実施設計のトレーニングとか、すごく便利そうです。

目指す所、目標?

どこまで勉強するかという目標の設定は難しい所。
僕の場合は積算なので、数量を拾える積算モデルがちゃちゃっと作れるようになりたいとか、単価の入った概算モデルを作れるようにするとか、具体的な目標もあるのですが、それでもこのソフトを「使えるようになった」というレベルが、客観的にみてもそうであるという区切りは何かしらほしい所。一応それぞれメーカーの認定試験があるようです。

Revit Architecture ユーザー資格試験
ArchiCAD オンライン認定試験

ArchiCADの場合はオンラインだけで完結するようです。
Revitは以前の商品名になっているので情報が古いかもしれません。
こういうの合格したら「使えます」って胸を張って言えるのかな?
一応検討しとこうと思います。

この記事がよかったら
+1
:
:

教育版でお得に使えるソフトまとめ

2019.4.19

大学生になりましたので教育版があるお得なソフトをご紹介。
気になるソフトはタイトルから製品ページにジャンプします。
価格は全て税抜きです。

事務系

Microsoft Office 365
一通りのアプリケーションが使用できる「Office 365 Solo」
  月間サブスクリプション¥983 → 無料
※ただしオンラインアプリのみなのであまり使えないかも Accessとかもなし
デスクトップアプリが格安で使用できるプランは教育機関からの申込のみ受付

グラフィック系

Adobe Creative Cloud(コンプリート版)
Adobeの製品が全て使い放題なCC
  月間サブスクリプション¥5,680 → 学生¥1,980
Illustrator単体プランでも通常は 月2,480 なので超お得。
しかも4月のはじめに申し込んだら新生活応援キャンペーンで月¥1,580で契約できました。(1年)
とりあえずPhotoshop、illustrator、AcrobatPro、Lightroomはインストールしてみた。

設計ソフト

Autodesk Revit
年サブスクリプション¥353,000- → 無料
これのために学生になったようなもの。その価値あり。
他AutoCAD、3dxMax、MAYA等、ほとんど全てのAutodesk製品は無料になります。

GRAPHISOFT ArchiCAD22
こちらはスタンドアロン版のみ(フル機能版)¥840,000- → 無料
これならRevitと両方習得できるぞ!

A&A Vectorworks 2019
スタンドアロン版Designer ¥527,000 → ¥20,000
ちょっとかかる。MACユーザーならありがたいかも。

ちなみに下記のソフトは教育版の設定はありませんでした。
福井コンピュータ GLOOBEARCHITREND

3DCG

AppliCraft Rhinoceros 6
スタンドアロン版のみ ¥144,000 → ¥36,000
コンバージョンからGrasshopperが統合されたらしいです。
余裕があったら入れてみたい。

Trimble Sketchup Pro2019J
スタンドアロン版のみ ¥118,000 → ¥11,000
ソリッドツール使うなら入れておきたいPro版

Lumion9 Pro
スタンドアロン版のみ ¥450,000 → 無料
めちゃくちゃキレイなレンダラーでアニメーションも出来ます。
試しに入れてみたけど、SketchUp+Podium ぐらいしか使ったことがない人間にとっては、めちゃくちゃ簡単で速くて吹くレベル。ただし、ハードウェアの性能はそこそこ必要。

まとめ

気になるソフトを確認してみると、だいたいこんな感じです。
建築系のソフトでも、積算ソフトとか構造ソフトとかもっと専門的で実用向けのソフトは、流石に学生版は見当たらなかったです。

学生であることの証明は学生証のスキャンをメールする(専用フォームから)必要があるものもあれば、学生番号と大学のメールアドレスだけで登録できるものもあります。ArchiCADの認証が一番時間がかかったと思いますが、それでも1週間程度です。既に学生の方はせっかくなのでお試しあれ。

また、これだけ色々試せるので、RevitとArchiCADは出来るだけ同時に習得してみようと思います。そっちの基本が終わったら、CGやレンダリング等も派生して手を付けてみたいです。

この記事がよかったら
+1
:
:

BIMをほぼ無料で手に入れて本気で勉強する方法

2019.4.17

BIMですよ!BIM

未だにBIMってなぁに?っていう人はこちらのページを。
ですがもう“BIM”って“CAD”と同じぐらい常識的な言葉だと思うんですね。

未来の技術ではなく、当たり前に活用されているレベルのものです。スーパーゼネコンではBIMの使用率ほぼ100%らしいです。もう少しすると我が地方都市広島でも、“使えるとちょっと儲けになる”から、“使えない方がおかしい”というレベルになるほど普及してくるでしょう。

手書きの図面からCADでの設計に移行してきた時のように、使えない人はあっという間に仕事ができなくなります。

これからの建築業界で長く仕事をしていくためには絶対に習得しなければいけない技術であり、どこかで導入しなければいけないシステムです。

約8年前に専門学校を卒業したときから、これからはこういうシステムになるんだろうなと思ってはいたものの、結局今まで個人レベルでは全く習得が進みませんでした。その理由は何でしょうか。

習得を阻害するものはその導入コスト

BIMは2大ソフトがあって、1つはAutoCADとか出してるAutodesk社のRevit。
もう一つはGraphisoft社のArchiCAD。
Revitの方が高機能、システマチックでどちらかというとゼネコン向け
ArchiCADはとっつきやすくて設計事務所向け って感じの棲み分けで言われることが多いですが、それぞれのお値段はこんな感じ。

Revi 2019年4月時点でのサブスクリプション価格
ArchiCADはスタンドアロン版のみ

うん、高いよ。一サラリーマンがこれだけのお金用意できるわけないよ。車買うレベルだよ。

といいつつ実はしばらく買っていました。それが下のプラン。

Revit LT版

RevitLTとAutoCADLTのセット。機能制限版だとこれぐらいのお値段。
1年以上1ヶ月¥11,880払い続けていました。

お金払ってたら本腰入れてやるのかと思ったけど、意外とやらないんですよね。
LT版なんでBIMらしい派手な機能とか使えないものがあったりするとモチベーションも上がらない。だめなやつです。

やっぱりちゃんと勉強しようと思うとフル機能版じゃないとダメ。でも高い。無理。
どうしようと悩んでいた所、こんなページに遭遇してしまいました。

教育向けの無償ソフトウェア

そう、教育版です。

教育版の驚くべき価格

先程のページを確認してみると、無償で使用できるソフトウェアの一覧が出てきます。
Revitもしっかり入ってる。というかAutodesk製品全部使えるらしい。

ちなみにArchiCADの方は

こちらも無料でした。
どうやら学生の頃にしっかり触れてもらって、社会人になったら自分のところのソフトを使ってもらおうという営業方針らしいです。

ということは学生であれば両方ただで使用できて、何なら両方のソフトを習得して、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら場合によって使い分けたりも出来るということです。
ナニソレすごい。

どうやったら学生になれるのか?

しかも格安で。BIMと同じぐらい学費がかかっては意味がありません。
また色々調べました。するとこんなのがありました。

れっきとした大学です。名前は聞いたことがあるものの、あまり実態がよくわかっていなかったのですが、 “生涯学習機関として、広く社会人等に大学教育の機会を提供するという趣旨 で設置された大学”らしいです。よく放送系、報道とかマスコミとか向けの人材を育てる教育機関だと思われてる方もおられますが、その授業形態が「放送」というこで、インターネットやラジオを使用した通信制の大学になります。

放送大学の学費

放送大学はしっかり単位を取れば大学卒業資格を取ることも出来ます。が、それにはまとまったお金がかかるみたいで、何よりその勉強時間がかかります。放送大学が面白いのは他にも色々な学生の種類があることです。

とりあえず入ってみるなら「選科履修生」がいいようです。手続きも1年単位になります。最小単位は半年期間の「科目履修生」になりますが、これは面倒そう。

気になる学費は授業料+入学料になります。

選科履修生は1年間で最低2単位取るようにしないといけないようです。
なのでオンライン授業の1科目(2単位)と1年間の入学料をあわせると
¥20,000-が一年間の学費になります。

カリキュラム

全体的には「教養学部」という学部になり、建築に直結する内容の授業はないみたいです。
そのうち情報コースだとこれだけの科目があります。一般教養としては色々科目があるようですが、提出や採点まで全てがオンラインだけで完結する、オンライン授業は絶対数が少ないです。

入学手続き

4月入学と10月入学の年に2回機会があります。
今年の10月入学は6月から願書受付しているようです。
試験はありません。インターネット上から申し込んでお金を振り込めば入学許可証が送られてきます。

まとめ

学生証は最寄りの学習センターに行かないともらえない

ということで入学しました。4月から大学生になりました。呑み会でも一笑い取れます。
払ったのは¥20,000とその振込手数料のみです。
一応勉強がしたくて(BIMの)入っているので間違いではないはずです。
オンライン授業も遊び感覚で一応やってみようと思います。

これでBIMを勉強する環境の準備が整いました。
これから、どのようなソフトに教育版があるのか、この学生証の威力をまとめてみようと思います。

この記事がよかったら
+5
:
:

このページのトップへ戻る