KITAMULABO

デジファブで作る子供のプレイハウス

2021.4.3

ホームセンターのパイン集成材を使用して、小さい子供用のプレイハウスを制作しました。床面積は80cm×80cm。実はこれ、ほとんどのこぎりを使用せず、しかもたった1日で作ってるんです。

あたらしい日曜大工のかたち

普通のサラリーマンが休日にササッと思いついたものを形にしたい。そんな人におすすめなのが「デジタルファブリケーション(略してデジファブ)」。CADのデータを直接工作機械に流して自動で加工する手法で、手作業だと面倒な加工も短時間で加工してくれる今どきなやり方です。

今回使用したのはこちらの機械「SHOPBOT」。

最寄りのホームセンターカインズの工作ルームに併設してありました。
4×8版(1200mm×2400mm)までの板材を加工できます。

実はこれ、発見してからずっと使ってみたかったんですが、ひょんなことからこのホームセンターでこの機械を使ったワークショップを開催されている方と偶然知り合うことができ、操作方法を教えてもらうことができました。加工中の様子は下記。

感想

レーザー加工機よりもハードルは高いですが、家具サイズのものを短期間で制作することができ、DIYの可能性を大幅に広げてくれます。詳しい製作記事やノウハウは別記事で。たくさん失敗したので第2段やってみたいです。

SNSでシェア
KITAMULABO/未分類
この記事がよかったら
:
:

この記事にコメントする

サイト全体へのご意見・ご感想はBBSからお願いします

CAPTCHA


このページのトップへ戻る